4年目の保育士ですが、給料が低すぎる!転職のサポートならどこ?

Q.png

【質問】保育士からの転職について

私は保育士をしているのですが、給料面で不満が出てきてしまい転職を考えております。 保育士歴は4年で子どもと関わるのは好きで、今勤めている保育園で一緒に働く人達との 関係も良好です。

しかし、アルバイト程度のお給料しかもらえなくこれでは将来が不安です。 このままのお給料で働いていくのは自分自身納得いかず、他にも自分に合った仕事で高収 入の仕事があるのではなかと思っています。

今の職場では残業が当たり前のように毎日あって、特に今年は年長児のクラスを受け持っ ているので余計にやることが多く自分の時間がなかなか取れません。

休日も仕事関係の書類など何かとやることがあって、プライベートも充実せずに不満ばかり 貯まります。

前から感じていたのですが、タイミングと転職に一歩踏み出す勇気がありませんでした。 時代が時代ですし、転職も簡単ではないことは想像できるので、どうしても保守的になって しまいます。

それでも、今よりもお給料が良い所に転職したいです。 保育の仕事でなくてもいいので、転職の際のアドバイスや自分に適した職業を紹介してくれ るような場所がないか知りたいです。

そういった場所をご存知の方は情報をいただけると嬉しいです。

■保育士の転職なら転職応援サイトを利用しましょう!

保育士で転職を考えているのなら、保育士専用の転職サイトを利用しましょう。 現在、多くの転職サイトは会員登録が無料で、転職セミナーを開催しているサイトもあります。

そして、転職サイトでは専用のアドバイザーに無料でサポートしてもらえるサービスをおこなっており、 インターネット上で多くの求人サイトの中から自分にあった保育園、職場を探すことができます。

ここからは、保育士専用の転職サイトをご紹介いたしましょう。

■保育士専用の転職サイトをご紹介!

「保育士STYLE」 子供の福祉について真摯に取り組んでいる保育園のみの求人を紹介しているサイトです。

それぞれの保育園の情報や募集要項などを細かく掲載しておりますので、インターネット上で 具体的に検索することができます。

また、会員登録すると運営者側からスカウトしてもらえるスカウト機能を利用できますので、 自分で探すだけではなく、保育園側に探してもらえることもできます。

求人情報は基本的に認可保育園です。働きやすい安心できる職場の求人情報が豊富です。

「マイナビ 転職」 こちらの転職サイトは保育士専用ではありませんが、リクルートが運営している転職サイトですので、 求人の情報量はとても多いのが最大の魅力です。

どの職業の方でも、転職をする時に一番必要になるのは情報量の多さです。 ですので、求人情報の多さに定評のある転職サイトに会員登録することはとても大切です。

多くの求人情報を比べて、自分に合う職場を探しましょう。 こちらの転職サイトもスカウト機能があり運営者側からコンタクトをとってもらえることもあります。

「保育情報どっとこむ」 日本全国の保育士の求人情報を検索することができる保育士求人情報サイトです。 保育士専用のコンサルタントがサポートしてくれるので、困ったことがあっても分からない ことがあってもすぐに相談することができるので安心です。

また、会員だけにしか提供されない求人情報もありますしメルマガもありますので、転職の 強い後押しになります。

また、求人情報の中には、動画も掲載されているものもありますので、保育園の 雰囲気がつかみやすいのも嬉しいポイントです。

会員登録からエントリー、アドバイザーによる相談、面接、内定に至るまで全工程が 完全に無料ですので、安心して登録することができます。

■転職サイトを利用しての転職活動

転職サイトを活用して転職をする人は年円増えています。保育士の方はもちろん、その他の職業の人も 多くいるのですが、ここでは転職サイトを活用する時のコツをご紹介いたします。

まずは、転職サイトは最低でも3つのサイトに登録しましょう。最近の転職サイトはどこも無料のサイトです。 3つの転職サイトに登録しても金銭的に負担がかかることはありません。

そして、出来ればテイストの違う転職サイトに登録することをおススメいたします。

求人情報の多さをメインにしている転職サイト、保育士の経験がある転職アドバイザーがいる転職サイト、 そして、転職セミナーなどを開催しサポートが充実している転職サイトなどがあります。

力を入れている部分が違う転職サイト3つに登録をすることで、それぞれのサイトの良いポイントを 活用できます。ですので、積極的に会員登録しましょう。

■4年目の保育士が低すぎる給料を上げるには?

就職して4年目だというのに給料が上がらないのは、とても苦しいことですよね? しかし、自分でスキルアップをすることができれば、少なからず給料は上乗せされるのではないでしょうか。

ここからは、低すぎる給料を上げるために4年目の保育士でもできる対処法をご紹介いたします。

1.仕事の資料を整理整頓する 仕事をする上で、資料探しの時間は意外と多くの時間をとるものです。 ですので、仕事に必要な段取りもスムーズに行うことができます。

2.メールなどのレスポンスを早くする 仕事が早い人はメールなどへのレスポンスが早いものです。 毎日、朝・夕の1日2回メールチェックを行い、新しいメールをチェックしたらすぐに返信をしましょう。

また、電話などが鳴ったらすぐに出るようにし、留守番電話が入っていた場合は気付いたらすぐ 取り返しの電話をしましょう。

3.仕事の優先順位をはっきりさせる 今抱えている複数の仕事・作業の中で何を優先させるかをはっきりさせておきましょう。

そうすることで、急に新しい仕事を頼まれた時でも慌てることなく、サッと対応することが できるようになります。普段から自分の仕事内容をハッキリ把握し、整理しておきましょう。

このように仕事のスキルが高い人は必ずといっていい程、自己管理ができる人です。

転職

転職に悩んでいる。少人数保育園で保育士として働く方がいい?

Q.png

【質問】保育士の転職について

私は現在保育士として働いております。 現在勤めている保育所は街中の大規模な所で給料面でも安定しています。

しかし、園長や主任クラスの先生たちと保育方針が合わず馴染めずにいて、少人数保育を している園で働きたいと自分から退職する旨を伝えました。

もともとこの園で働く前に田舎の小規模な保育所で1年間働いていたのですが、園児が少な くなってしまったことを理由に今の園に転職しました。

辞めてからも前の職場の方に相談に乗ってもらっていて、自分でも都合が良いと思われるの は承知で辞職することを伝えました。 そうしたら、前の職場の園長にはパートとして雇うので精一杯と言われてしまいました。

今の職場では月の手取りが14万でボーナスもありますが、転職してパートで働くとすると月に 10万しかもらえず生活がきつくなります。 もしかしたら、正職員になれるかもしれませんが確実になれるかは分かりません。

現在の職場からは留まらないかと言われているのですが、上司との人間関係が悪くて残業も 毎日のようにある職場でこのまま我慢して働くのもどうなのだろうと悩んでいます。 前の職場に戻ろうと思う気持ちの方が大きいのですが、やはり金銭面の不安があります。

他の人の意見やアドバイスも参考にしたいと思いますのでお願いします。

■ストレスがなく働きやすい職場がいいのでは・・・?

給料が高い方の大きな保育園の方が生活は安定します。 しかし、精神的に満足感を得られるのは、やはり少人数制の保育園ではないでしょうか?

人間、無理をするとなかなか続かないものです。パートでもチャンスがあるうちに転職する ことをおすすめいたします。

また、質問者様自身が自分のスキルを上げて、よい働生きをすれば正社員になれる可能性も 上がるのではないでしょうか?

ストレスを感じる職場で、しかも残業も多いとなると、長く続くことはイメージしずらいです。 現実的に考えて、少人数保育の働く安い職場を選びましょう。

そして、もしこの2つの保育園以外の保育園を探したい気持ちがあるのなら、保育士専門の 転職サイトをチェックしてみましょう。

ここからは、保育士専門の転職サイトをご紹介いたします。

■保育士専門の転職サイトはこちら!

「保育士バンク」 保育士専門の転職サイトです。会員登録からエントリー、面接、内定までを完全無料で行えます。 また、正社員から契約社員、パートに至るまで幅広い雇用形態をご紹介いたします。

年間休日125日以上や土日祝日完全休み、残業なしなどのひとりひとりの条件に ぴったり合わせて求人を探すことができます。

また、内定が決まり入社した後もしっかりサポートすることができます。

「保育士net.」 こちらのサイトも完全に無料で会員登録できる転職サイトです。 経験者でも未経験者でも、ブランクのある方でも登録できて、サポートしてもらうことができます。

また、保育園の見学や訪問、現場体験などのチャンスがありますので、実際に自分で 確認することができるのがこの転職サイトの最大のメリットです。

また、履歴書の添削や面接のサポートなどをしっかり行ってくれるので、困った時は、 気軽にいつでも相談することができます。

「せんとなび 保育士求人サイト」 こちらの転職サイトは、まず会員登録をし、自分の好きな条件で求人を探します。 正社員での就職を目指して、まずは派遣として仕事することができます。

いきなり正社員としての採用ではなく、派遣として働くことっで不安も軽減されリラックスして 新しい職場で働き始めることができます。

転職に一番必要なものは情報です。 こういった保育士の専門転職サイトに3つくらい登録をして幅広い情報収集をしましょう。

また、転職サイトによってはアドバイザーに相談をすることができます。 分からないことは遠慮なく積極的に質問したり、相談したりしましょう。

■転職に対するストレスは転職セミナーで解消しましょう!

転職というモノは、底辺なストレスを感じ、毎日不安な気持ちで生活しなければならないものです。 しかし、転職サイトを活用し、アドバイザーのサポートを受ければかなり軽減します。

そして、就職活動と同様に、転職にも「転職セミナー」があります。そういったセミナーに参加をして 質問者様と同じように転職を考えている保育士の方達と会話をすることで、ストレスは軽減されます。

保育士の転職セミナーは保育士専門の転職サイトが運営していることがほとんどです。 転職サイトに会員登録したら、積極的に転職セミナーに参加しましょう。

■個人のスキルを上げるには・・・?

少人数保育の保育園へ転職する場合でも、大きな保育園に留まる場合でも、 転職サイトで発見した保育園へ転職する場合でも、個人的なスキルをあげることが必要となります。

ここからは仕事の効率をあげ、スキルがアップする方法をご紹介いたします。

まず、仕事ができる人は、仕事のスケジュールの立て方が上手い人です。 どのように仕事のスケジュールを立てればいいのでしょうか?

仕事のスケジュールを見直すにあたって、まずは3日間だけ仕事にかかる時間の記録をとります。 自分はどんな仕事にどれくらいの時間がかかるのかを把握しましょう。

そして、仕事の優先順位を決め、メモを取ります。 今現在、最優先で行わなければならない仕事がなんなのかを明確にし、それを書き出します。

そして、それぞれの仕事の期限と目標を具体的に手帳などに書いておきましょう。 そして、そのスケジュールは少し余裕を持たせて組んでおきましょう。

また、スケジュール以外では、人に頼まれた仕事を断れる人になっておきましょう。 そして、出来ない仕事を頼むことも大切なことです。

人に頼みごとが出来る、頼み上手な人になっておくことも仕事をする上では大切なことです。

保育士は残業に苦しむ人がとても多い職業です。少しでも減らすことができればストレスも軽減されます。 自分で出来る努力をして自分から変わることで職場を少しでも雰囲気のいいものにできます。

転職

東京の乳児院で働きたいけど、保育士の求人はどう探すの?

Q.png

【質問】乳児院への転職について

私は保育士の仕事をしていて、今は実家から車で15分程の場所にある市の保育園に勤務 しています。

無邪気な子どもたちと関わって仕事ができることに喜びを感じ、いつも子どもたちの可愛さに 癒やされています。

私は学生時代に乳児院に興味があって将来はそこで働きたいと思っていたのですが、私が 住んでいるところは県の職員にならないと働けません。 県の職員になった場合どこに勤務するかは選べないので乳児院で働くことを諦めました。

確実に乳児院で働けるのであれば挑戦しても良かったのですが、関係のない部署で働くの であれば保育園のほうが良いと思って今の職場に就職しました。 しかし、乳児院への思いが捨てきれず働いてみたいという気持ちがあります。

県外に出て就職してもいいと考えているのですが、その場合どのようにして就職の情報を 手に入れたら良いのか分からなくて困っています。

県外の場合、引越すのは就職が決まってからになりますし、そうするとその県のハローワーク は行けないですよね。 保育士だけの就活ネットワークのようなものはあるのでしょうか。

乳児院への転職についてご存知の方がいらっしゃったら情報を教えていただけると嬉しいです。

■転職するなら転職サイトを活用しましょう!

保育士での転職は、なかなか難しいものがありますが、実は他の職業と同じように転職サイトを 活用すれば、効率よく情報を収集することができるのです。

転職サイトとは、就職サイトと同じようなシステムで運営されています。 まず、無料で会員にエントリーします。条件を入力し、自分の希望にあった職場を探します。

そして、気になった求人にはエントリーして転職活動の準備をしていきます。 サイトによっては、転職エージェントと呼ばれるアドバイザーとの面接があるところもあります。

そして、転職センナ―と呼ばれるセミナーを開催して転職者たちの意識を高めていくという 方法をとっている転職サイトもあります。

会員登録するのは、気に入ったサイトならどのサイトでも構いません。 しかし、最低でも3つの転職サイトに登録し、幅広い情報を収集しましょう。

この時に、サイトを選び基準は以下のとおりです。

・転職サイトを運営している会社が違うサイトを3つ以上選ぶこと ・気に入った保育園の公式サイトは必ずチェックすること ・3つ以上のサイトの転職セミナーに参加すること

これらを意識して転職サイトを選び、転職活動を進めていけばきっと理想に近い乳児院に 転職することができますよ。

では、ここからは保育士専用の転職サイトをご紹介いたします。

■保育士専用の転職サイト

「保育士バンク」 完全無料で会員登録からエントリー、転職完了までを行うことができる転職サイトです。

日本で最大級の情報量を誇るサイトですので、こちらのサイトは必ず登録しておきましょう。 登録方法はとても簡単で1分間程度で済みます。

転職コーディネーターが徹底的にサポートしてくれるので安心ですよ。

「リクナビ NEXT」 保育士専用の転職サイトではありませんが、やはり大手のリクルート社が運営しているだけあって、 保育士の転職求人数もトップクラスに多い転職サイトです。

職業に関わらず、転職の基本的なことが学べたり、基本情報尾が乗っていたりするので、 チェックしてみましょう。

また、求人条件を登録しておけば、企業側からのスカウトが受けられる「スカウト機能」も ありますので、ますます転職がスムーズになりますよ。

「保育士.net」 会員登録は無料です。会員登録そして条件を登録したら、コーディネーターのアドバイスの元、 理想に近い勤務先をさがしていきます。

理想的な求人が見つかったあとも、面接の練習やアドバイスにも協力してくれ、 また、就職後も気軽に相談に乗ってくれる転職サイトです。

■乳児院での仕事内容

では、転職に関する情報はどのように探せばいいのかが分かったところで、今度は乳児院での 仕事内容の確認をしましょう。

すでにご存じのとおり、乳児院は保育園よりも幼い子供たちをお世話するところです。 乳児院で働くには、さまざまな注意点があります。

乳児院での仕事は親戚・保護者のいない2歳未満の乳児、保護者の病気や死別などさまざまな 理由で子供を育てることができなくなった保護者の代わりに2歳未満の乳児を育てる施設です。

乳児院の保育士は、保護者が家庭で子供に行うことを代りにやるのがおもな仕事です。

ミルクを飲ませたり、沐浴させたり、おむつを替えたり、外に連れていき、外気浴をさせたりします。 保育園との一番の違いは、子供たちが365日・24時間、乳児院にいるということです。

そのため、保育士たちは、乳児たちの親のように子供たちに接しなければなりません。 また、乳児院には、保健師・看護師・調理栄養士・臨床心理士なども働いています。

■東京都内の乳児院をご紹介

ここからは東京都内にある乳児院をご紹介していきます。 病院が運営している乳児院だったり、カトリックの乳児院だったりとスタイルはさまざまです。

慶福育児会麻布乳児院 (東京都港区南麻布5丁目1番20号) 東京都済生会町央病院付属乳児院 (東京都南区三田1丁目4番17号) 二葉乳児院 (東京都新宿区南元町4番) 日本赤十字社医療センター付属乳児院 (東京都渋谷区広尾4丁目1番1号) 慈生会ナザレットの家 (東京都中野区江古田3丁目15番地2号) 聖オディリアホーム乳児院 (東京都中野区上鷲宮5丁目28番地28号) 聖友乳児院 (東京都杉並区阿佐谷北3丁目28番19号)

カトリックであっても、スキル次第で採用してくれる所もあります。 しかし、ある程度のキリスト教の勉強はしていった方がいいでしょう。

そして、普通の保育園とは違い、子供たちのメンタルのケアがとても大切になって来ます。 スタッフ同士でよく話し合い、常に子供たちの様子を把握しておきましょう。

転職

東京で院内保育所の保育士の求人があるけど仕事内容は?

Q.png

【質問】院内保育所の勤務について

私は以前いくつかの認可保育園で働いていたのですが、結婚を機に違う県に嫁いで専業 主婦をしていました。 保育経験は9年あります。

我が家にはまだ子どもはおらず自分の時間を持て余しているので、また働きたいと思うよう になりました。

主人はのんびりしていればいいじゃないかと言ってくれますが、やはりずっと家にいるのも退 屈ですし子どもたちと関わっていたいという気持ちがあります。 新しい土地にもだいぶ慣れたので、現在就職先を探している最中です。

ちょうど近くの病院の院内保育所で募集が出ているのを見つけたのですが、院内保育所は 認可保育園と業務内容は大きく異なってくるのでしょうか。 経験を活かせればと思うのですが、どういった内容の業務なのか不明な点が多いです。

院内保育所で働いた経験のある方にどのような感じなのか教えていただければと思って質 問しました。

その病院の方針などによって様々だとは思いますが、保育内容や日誌、記録の付け方など は認可保育園とどう違うのか知りたいです。 書類関係についても教えて欲しいです。

他にもアドバイスなどありましたら参考にさせていただきたいのでお願いします。

■保育園と院内保育所の違いはどんなものがあるの?

同じ保育士でも、一般的な保育園と院内保育所の保育士には違いがあります。 どのような違いなのでしょうか?具体的に、一緒に見ていきましょう。

まずは、通常の保育園の保育士の一日の仕事からです。

園児たちが登園してくる前に保育園に行き、掃除・換気・設備のチェックなどを行います。 そして、朝子供たちが登園してくる時間帯になったら子供たちを迎えます。

一緒に親が登園してきたら、子供たちの体調などをしっかり聞いて確認しておきましょう。 そして、空いた時間で朝礼を行います。子供たちの健康状態などの情報交換をしてください。

園児が揃ったところで、朝の会と体操を行います。 そして、自由に園児たちが遊ぶ時間になったら、子供たちの面倒を見ます。

公園へ連れて行ったり、水遊びなどの季節の遊びをすることもあります。 その後、昼食の準備をして、お昼寝になります。

昼寝の時間も歯磨きをさせたり、パジャマに着替える手伝いをします。 布団を敷き、子供たちが寝付くまで絵本を読み聞かせるのが一般的です。

子供たちが寝付いたら、連絡帳の記入や、片づけ、ベントの準備をします。 そして、子供たちが起きたら、おやつを食べさせて再び、自由遊びの時間となります。

お迎えの時間になったら、保護者に子供たちの一日の様子を報告します。 その後、延長保育の子供もいるので、しっかり最後まで目を離さないようにする必要があります。

そして、全ての園児が降園したら片づけをし、戸締りをして、勤務終了となります。 ほとんどの保育士がそのあと、サービス残業をすることになります。

■院内保育士の仕事内容

院内保育所とは、病院で働く方々のお子さんを預かる施設です。 ですので、毎日同じ時間に同じ子供が登園をするという普通の保育園では当たり前のことが あまりありません。

また、子供が少ないので保育士の人数も当然少なく、一人の保育士のかかる負担は とても大きいものです。保育士としてのスキルが必要となってくるのです。

しかし、その分、保育士として成長できるのは確かなので保育士のスキルを上げたい場合、 とてもいい職場環境であると言えます。

また、乳児もいますし、変則シフトなので個人的なスケジュールを入れにくくなります。 毎日夜勤はさすがにありませんが、一日おきに夜勤なんていうハードな病院もあるようです。

一般的な保育園より不規則な生活になる上に、個人の負担も多いのが院内保育所の保育士です。 しかし、やりがいがとてもある仕事ですし、個人的なスキルをあげるためにはとてもいい求人ですよ。

■個人のスキルを上げる方法

では、東京都の病医院の院内保育所で勤務した場合、どのようにしてスキルを上げれば いいのでしょうか?ここからは、簡単に出来るスキルの上げ方をお話ししていきましょう。

まず、スキルがある人は何に対しても行動が早いです。 ですので、素早くさまざまな仕事ができるように日頃から工夫をしておきましょう。

園児たちの面倒を見る時に必要となる道具はもちろんのこと、個人的なデスクワークをする上で 必要な書類が種類ごとにまとめておきましょう。

ファイルごとに違う書類をまとめておくのが理想で、ファイルの背には書類の種類を書いておきましょう。

メールなどへの対応を早くすることで仕事の連絡を待つ時間が減り、効率もアップします。

また、行事などのスケジュールをしっかりと把握し、行事に必要な書類作りなどは前倒しで行います。 自分の中で個人的に「前倒し」の締め切りを作ることで、作業スピードも上がります。

そして、優先順位をはっきりさせておきましょう。今日やるべきことは何が何でも終わらせておくという 姿勢を持って仕事に臨めば、やらなければならないことを先延ばしにすることがありません。

また、一つの仕事に対しての期限を具体的に決めることによっててきぱき仕事ができるようになります。 1つの仕事に時間をかけたら、かけた分だけよくなるということはありません。

このように仕事のスキルを上げるには、仕事のスピードを上げることが大切です。

■普通の保育園と比べて行事が少ないのが魅力

院内保育所は普通の保育園と比べて運動会や発表会のような大きな行事があまりありません。

ですので、普通の保育園の保育士のように行事前になると書類作成にと準備に追われて 休日がつぶれてしまうといった事態にはなりません。

保育士のほとんどがサービス残業や持ち帰り残業に悩んでいる中で、こういった残業が少ない 保育園は魅力的ですよね?

シフトが変則的ではありますが残業がどうしても嫌な方や、長期間の休職から 復帰される方には、ピッタリの職場ではないでしょうか。

転職