どういう特徴がある?人間関係がいい保育園とは?

保育園で人間関係がいいところなんてあるの?

私は以前保育士をしていたのですが、人間関係が最悪でした。
女性だけの職場だったからなのかいじめが横行していて、嫌がらせなんてあいさつ程度によくあることでした。

私は新人1年目に毎日のようにいじめを受けて、2年目からはちょこちょこ嫌がらせをさせる感じになりました。
3年間、ずっとイライラしていて先輩たちにストレスを感じずに仕事をしたことが一度もありません。
地元の友達も保育士になったから、人間関係を聞いてみたら、同じように最悪だと言っていました。

年配の保育士が多い保育園は人間関係がいい

人間関係がいい保育園は、勤務年数が多い保育士が多いです。
ですので、保育園の見学に行ったときは保育士の年齢層をチェックしておきましょう。

30代、40代の保育士が多い保育園は長年勤務している保育士が多いということになります。
その場合は、人間関係がいい保育園と言えるので安心して大丈夫です。

友達が働いている保育園には、お局様がいて園長先生もPTA会長も彼女のいいなり。
教育方針を意味不明に変えたり、気に入らない保育士はすぐにやめさせたりしてやりたい放題なのだそうです。
自分が働いていた保育園も友達が働いていた保育園も、人間関係が最悪だったから、保育園なんてみんなこうなんだ
ろうと心の底から思っていました。

しかし、実際にはそんなことはないそうです。
保育士の方々の体験談を読んでいると、「以前の保育園はいじめばかりだったけど、今の保育園は平和そのもの」
「とてもいい人柄の園長先生と仲のいい先輩たちに囲まれて、楽しく保育ができている」というものがいくつかありました。

ですので、あきらめないでいい保育園を探して入れば、あなたが働きやすいところが見つかると思います。

人間関係がいい保育園の特徴まとめ

人間関係がいい保育園の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?
ここからは、あなたが求人サイトで保育園情報を検索するときにチェックすべき項目をお話していきます。

・毎年数名の求人を出していないか

保育士は全国的に人手不足になっています。
ですので、毎年保育士の求人を出すことは珍しいことではありません。
しかし、その求人で募集している人数が多いと問題があります。

子供の数によって保育士の人数は決められているので、園によって保育士が多いとか少ないということは
ありません。一度の求人で募集する保育士の人数平均は「2~3人」。
5人以上、10人以上の保育士を大量募集している保育園は保育士が一気に辞めてしまったということです。

何かのトラブルがあって辞めた可能性があるし、毎年5人などの募集をしているところは毎年大勢辞めています。
こうした求人には応募しないようにしましょう。

・集合写真を掲載している

仲のいい保育園では集合写真を撮る機会が多いです。
ですので、求人をのせるときにもともとあった集合写真を掲載するということをよくやります。
仲が悪い保育園だと保育士の集合写真はないので、なかなか写真を掲載していないです。

・労働時間が長すぎない

労働時間が長すぎる保育園は人手不足で、ほかの保育園よりも長く働かないといけないため、ストレスが
かなりたまります。ストレスがたまる職場は、いじめや嫌がらせが起こりやすいので危険です。
常識的な労働時間の保育園を選びましょう。

反対に新人保育士が多い保育園は、最近は入った人が多いということ。
これは、多くの保育士が次々辞めているということなので人間関係はよくありません。

「若い保育士さん中心!」「新人が多いフレッシュな現場です!」というのをアピールしている保育園は
「新人が働きやすい」「活気がある」というメリットばかりが先行してしまいます。
しかし、よく考えてみるとデメリットが隠れているのです。

求人を多く出している保育園は危険

求人を毎年出していることは問題ではありませんが、毎年たくさんのサイトに求人を出している保育園は
危険です。

その保育園は求人を抱くさん出さないといけないくらいに人手が足りないということです。
つまり、保育士が急にやめてしまったか、新しい人が入ってきてすぐに辞めてしまったということになります。
これは、人間関係がいい保育園ではまず怒らないこと。

保育士専用の転職サイトは無料で登録できます。
ですので、3つくらいのサイトを調べてみて、同じ保育園の求人が出ていないか確認してみてください。

偵察をしておくことで安心して働き始められる

保育園は、基本的に関係者以外立ち入り禁止です。
ですので、子供が登園する時間帯に偵察に行っておきましょう。

保育士は平日に休みをとれない有休を消化する目的で休みを取って、子供を保護者が預ける時間帯に保育園の前に
言って様子をみてみましょう。遠くから見ていてもぎくしゃくしている様子が伝わってくるようなら転職は辞めて
おいたほうがいいですね。

遠くから1回見ただけではすべてはわかりませんが、1回も見てないよりは発見があると思います。
外観や庭の設備などもチェックできるから、一度見に行ったほうがいいと思いますよ。
また、いい保育園が見つからなかった場合は保育士以外の仕事へ転職することも考えてみてください。

保育園も幼稚園も人間関係がきつい?どうやったらよくなる?

幼稚園も保育園も人間関係がきつい

保育士が働くのは保育園だけではありません。
幼稚園も働く現場ですし、ほかにもさまざまな現場があります。

しかし、どの現場でも保育士同士の人間関係や保護者と保育士の人間関係が大変なことに変わりはありません。
私も認可保育園で数年働いた経験がありますが、保育士同士も保護者とも人間関係が大変でした。

私が実際に体験したのはいじめとシカトです。
まずいじめは先輩保育士にされていました。先輩保育士は新人の私に仕事をぜんぜん教えてくれないのです。
「仕事なんて見てればわかるから」と言われて、本当に基本中の基本さえ教えてくれなかったのです。

「それはどうやってやるんですか?」とか「これはどういうふうに使うんですか?」など、質問しても
「見れ手ばわかると思うんだけど…」と言われて、無言でその作業をやって見せてから「かんたんでしょ?」と
言って来るだけ。

作業をするときのポイントや細かい説明は一切なしだったので、見よう見まねでやるしかありませんでした。
それでやっていると「これ、細かいところがぜんぜんできてない。おおざっぱなの?」と聞かれてしまうのです。

「説明不足過ぎるから、私がミスするんじゃん」と思って「説明されてないので…」というと、「わからないことが
あったら自分から聞かないと」とお説教されてしまうのです。
説明はないし、しても細かくは教えてもらえないし、ミスをすると怒られる…嫌になって有休を使って忙しい時期に
休んだこともありました。

こうしたいじめに耐えて1年後に新しい新人が入ってきたら、その新人には私と違う嫌がらせをしていました。
きっと同じ嫌がらせを私がいるところですると、「またあれやってる」と思われるから種類を変えたのでしょう。
私の後輩には「説明攻撃」をしていました。

新人が絶対に覚えられるはずがない量の説明を1から10まで、早口でバーッと説明するのです。
そして、その説明を1回しかしないで、後輩が質問したら「この間教えたじゃん」と笑って説明をしないのです。
これで後輩が育つはずがありません。

嫌味な先輩からのいじめを耐え抜く方法

私は先輩からのいじめを気にしないことで耐え抜きました。
最初はいちいち言われたことに傷ついていたけど、気にしなくていいやと思うようになっていけたのです。

その原因は、自分で言うのもなんですが仕事内容をきちんと理解していたから。
仕事内容をきちんと理解していて、自分なりの考えをもって仕事をしていれば先輩からの「手厳しいアドバイス」
が的確なものか必要ないものかがわかります。

いじめをする人たちは一見いじめとはわからない方法で、ターゲットを攻撃します。
明らかに顔に雑巾を投げつけておいて「たまたま手が滑った」とか、負担のかかる仕事を新人に押し付けておいて
「新人にいろんな仕事を経験させるため」など。

ですので、冷静に考えて「これは必要なアドバイスなのか」答えを出しましょう。
そしていらないと判断したら、取り入れなくていいのです。
仕事のやり方や考え方は人によってしまうので、100%先輩に言われたとおりにする必要はありません。

納得いかないことは聞き流して、自分なりにしっかり考えて保育をしてください。

ほかの保育士への指導方法と自分への指導方法を比較してみよう

先輩の言っていることがいじめなのか、適切なアドバイスなのかはほかの保育士への指導をみていれば、
自然とわかってきます。

例えば、ほかの人には注意しないところをあなたにだけ注意してくる場合は、あきらかな嫌がらせ。
私はこういう場合は愛想よく返事だけして注意を聞かないようにしていました。

例えば、ほかの保育士が教室の棚の上に荷物を重ねておいていても、ぜんぜん注意しないのに私の場合は絵本を2冊
重ねておいただけで「もし崩れて子供たちに当たったら大変だから、絶対にこういう置き方しないで」と言われて
いました。

「はーい。すいません」とだけ返事をして絵本を受け取ったら、棚の上に同じように戻していました。
最初はドキドキしたけど、何度かやっているうちに慣れてきます。先輩はこうした私の反抗に最初はイライラして
いたけど、「もうすべての言うことは聞かない」と理解したみたいで、だんだん注意が減りました。

保育士はコミュニケーションを多くとる職場なので、いじめをしてくる先輩のほかの人への態度が見やすいという
メリットがあります。それを生かして、先輩のほかの人への注意をみておいてください。
そして、ほかの人にもしている注意だけ取り入れるようにしましょう。

それでも耐えられない場合は転職を

先輩からのいじめや後輩からの圧力、上司からの厳しい指摘など。
保育士にはさまざまな人間関係トラブルがあります。

いじめや嫌がらせは直接対決をしたり、反論したりすると悪化するので柔軟にかわすことが大切。
とりあえずで謝って、気にしないというスタンスでいましょう。
しかし、それでも耐えられなくなってしまうときが来ると思います。

そういう場合は転職をしましょう。
私もずっと先輩の嫌がらせを気にしないようにしたり、耐えたり、多少反抗したりしつつ我慢していましたが、
3年目に耐えられなくなり、辞めてしまいました。

保育士専用の転職サイトで転職先を探したけど、保育士そのものが嫌になり結局OLに。
今の職場でとてもいい同僚たちに出会えて、転職してよかったと心から思っています。

保育園の栄養士もいじめの対象?職場の人間関係に悩んだら?

保育園で働く栄養士はいじめの対象になるのか

保育園で働いている保育士は人間関係に悩む傾向にあります。
しかし、保育士以外でもいじめに悩んでいる人はいます。

例えば、栄養士ですね。栄養士は保育士とは違う立場ですが、嫌がらせの対象になります。
私が以前働いていた保育園でも、子供たちが給食を残すと栄養士さんに文句を言っている人がいました。

確かに栄養士が給食を考えているのですが、子供にはどうしても好き嫌いがあるから残してしまう子もいます。
それをすべて栄養士のせいにして、毎日のように大きい声で聞こえるように影口を言っているのです。

栄養士さんが園長先生に「大きい声で陰口を言われているから辞めたい」と伝えると、それを知ったら今度は
「私が新人の頃は先輩に嫌味を言われても園長先生にチクらなかった」「これくらいで延長に泣きつくなんて
甘えすぎてる」「栄養士は保育士ほど責任がないから楽でいい」などと余計陰口を言うようになったのです。

その結果、その栄養士さんは1か月後に退職してしまいました。
うちの保育園は栄養士を1人しか雇わないところなので、新しい人が来るまで保育士全員で順番に給食のメニューを
決めていました。

そのときも「どっかの誰かさんがすぐに辞めちゃうから」とか「何で私たち保育士が給食を考えないといけないの?」
と不満爆発。「あなたのせいで栄養士は辞めたんですよ」と言ってやりたいところでしたが、言ったらこちらも陰口を
言われてしまうので、我慢していました。

オーバーワークの栄養士は多い

保育園の人間関係に悩んで辞めてしまう栄養士も多いですが、オーバーワークで辞める人も多いです。
得に人手不足の保育園では、ルーティン・ワークを時間内にこなすのも難しい状況だといいます。

私が働いていた保育園は栄養士1名、調理師6名でした。
しかし、栄養士の中には管理栄養士と調理師を掛け持ちしている人もいるようで、1日のルーティン・ワークが
間に合わないという人もいます。

ある女性の体験談にはこんなことが書かれていました。

「朝一からお昼まで給食づくりをして、お昼から午後3時まではおやつ作り、そして、その後は後片付けと
翌月の給食のメニューを作ることになっていますが、毎日時間通りに終わりません。
理由は子供の数に対して調理師があまりにも少ないから。

以前働いていた園の1.5倍の子供たちがいるのに、調理師の数は以前の3分の2くらいなのです。
これではルーティン・ワークを時間通りにこなすのは無理。
いつも給食の時間は午後0時~午後1時までですが、0時20分ごろに出来上がっています。

保育園児にとって食事の20分は貴重なので、『時間通りに作ってください』といつも言われるのですが、
人数が足りないのでどうすることもできません」

こんな状況で働いているとストレスがたまって仕方がありませんよね?
そこで、私はある程度手を抜く方法を考えたほうがいいと思います。

食材選びを工夫して、調理時間を短縮しよう

栄養士は人手不足で仕事が思うように進まず、人間関係に亀裂が走ってしまうことが多いです。
ですので、食材選びを工夫して、調理時間を短縮しましょう。

調理時間を短縮するためにはミックスベジタブルを使ったり、シーフードミックスを使ったりしてみましょう。
また、無添加の冷凍食品も多いので活用すると調理時間を短縮できます。メニューもカレーやシチュー、
チャーハンなどの簡単にできるものを中心に考えると人手が足りなくてもどうにかできますよ。

そして、日ごろから保育園の給食に使えそうなレシピをメモしておきましょう。
テレビを見ているときや外食に行ったときなどに、「これ、使えそうだな」と思ったものは書き留めておいてください。

栄養士の人間関係のレベルが低いって本当?

私の親戚で栄養士になりたいと言っている子がいるのですが、栄養士の先輩に「栄養士は人間関係のレベルが低い
から、辞めたほうがいい」と言われてしまったそうです。

しかし、これは誤解でその栄養士の先輩の働いている環境がレベルが引くいだけなのです。
当たり前の話ですが、レベルが引くい人間関係の職場はどこにでもあるし、一人だけレベルの低い人間関係をやって
いる人はどの職場にもいます。

栄養士の人間関係は女性中心だからぎくしゃくしやすいということはありますが、連係プレーでテキパキを仕事を
しているところもあるのです。

私も保育士だったころは保育士の人間関係のレベルは低いと思っていました。
女性ばかりだし大人の人数が少ないから、意味の分からない小学生レベルのいじめが続いているのだと誤解していたのです。
でも、実際には保育園にもよるし、人にもよります。

ですので、これから栄養士になりたいと思っている人が目標を変える必要はありません。
とりあえずで栄養士になってみて、人間関係のレベルが引く五保育園に配属になってしまったら、転職サイトを利用して
ほかの園に移ればいいだけです。これを何度か繰り返しているうちにいい保育園に出会えます。

保育士にいじめられてしまう栄養士もいますが、全員が全員そうなるわけではありません。

保育園の職員同士の人間関係をうまくいかせるコツは?

保育園の職員同士の人間関係を上手くいかせる方法とは

保育園には大勢の子供たちと少人数の職員がいます。
子供同士もケンカをしたり、仲間外れが起きてしまったりしますが、これは職員にも起こることです。

保育園の職員たちは、女性がほとんとで20人以下なのでトラブルが起こりやすい環境です。
私は以前保育士をしていたときも、ちょっとした喧嘩が嫌がらせに発展し、いじめになってしまったことがあります。
私もそのターゲットになったことがあるし、そのいじめを観てみないふりをしたことも。

私は保育士をしていて、ときどき子供たちのほうが人間関係が上手なんじゃないかと思うことがありました。
大人は一度もめるとずっと引きづりますが、子供たちはついさっきまで大泣きしながらケンカしていたのに、
ちょっと経つと一緒になかよく遊んでいたりします。

保育士の人間関係も子供の人間関係のようにすぐに解決すればいいのですが、そうはいきません。
そこで、ここでは保育園の職員同士の人間関係を上手に生かせるコツをお話していきます。

・笑顔で丁寧にあいさつをする
・嫌がらせなどが始まったら掃除や片づけ、書き物などをする
・嫌がらせを受けた職員にはすぐに声をかける
・嫌がらせで大変な仕事を回された職員の手伝いをしてあげる

こうした行動をとることで、保育園の雰囲気が少しづつ変わります。
ドラマのようにみんなの前でいじめをしている職員にズバッと一言言って、問題解決!ということは現実的には
起こらないので、実践しないようにしましょう。

それよりも当たり障りない行動で、少しづつ嫌がらせをするようなピリピリする雰囲気を解消してください。
挨拶が多い職場は雰囲気がいいので、いじめなどをしにくくなります。
また、嫌がらせには参加しない、いじめにも参加しない、悪口は言わないなどを心掛けましょう。

あなた一人だけでもいじめをしない職員がいるだけで雰囲気は変わる

あなたが勤めている保育園であなた以外全員がいじめをしているような状況でも、一人でもいじめをしない
人がいるだけで雰囲気はずいぶん変わります。

いじめをしたり嫌がらせをしたりしている人の中には、いじめ大好きっ子や嫌がらせが趣味の人がいます。
しかし、いじめを本当はしたくないのにしている人や嫌がらせをしないと自分もターゲットになると思っている
人もいます。

こういう人はいやいや参加しているので、一人でもいじめに参加しない人がいると、「私もあっち側に行きたい」
と一念発起していじめをやめてくれるかもしれません。
私も以前自分がターゲットになるのが嫌で保育園での職員いじめに参加したことがあります。

参加といっても基本的に見ているだけで「黙認」に近い形でしたが。
でも、いじめに一切参加しないし、黙認もしない後輩がいました。彼女は嫌がらせが始まると大きい声で子供たちの
相手をし始めたり、悪口が始まると明るい話題を話し始めたりして、嫌がらせや悪口を早く終わらせようとしていました。

私は最初は「すごいなー」とただ見ていただけでしたが、少しづつ彼女と一緒に子供と遊び始めたり、別の話題に
切り替えたりするようになりました。その結果、気持ち程度ですがいじめは減ったと思います。
結局、ぎくしゃくしている人間関係に耐えられなくなって私が保育士を辞めたのですが、いじめには参加しないことが
大切だと思います。

臨時職員、パート職員へのいじめには軽く注意を

職員同士のいじめにはなかなか言及できないものですが、臨時職員やパート職員への正職員のいじめは
言及しやすいです。

今は「パワハラ」という言葉があるので、もし正職員で臨時職員にいやがらせをしている人がいたら、
「そういうことしてると、パワハラで訴えられたりするかもしれませんよ」と少し冗談っぽく言いましょう。
あまり厳しく言うといじめのターゲットがあなたになってしまうので、軽い感じで。

また、正職員がパート職員にいじめや嫌がらせをしている場合は、「パートさんなんで、すぐに辞めちゃうかも
しれないです。また人を探さないといけなくなるんで」と少し遠回しに言及しておきましょう。
何度言っても改善されないようなら厳しく注意する必要がありますが、最初から厳しいと相手も困惑します。

いじめをしているとはいえ、同じ保育園で働いている同士なので、丁寧に不愉快に思われないように注意を
しましょう。

ときどきスイーツを差し入れして

女性が多い職場はトラブルが多いですが、共通点が多い職員同士で働いています。
例えば、女性はスイーツが好きなのでときどきスイーツの差し入れをしましょう。

いつもいじめやいやがらせに言及していると、雰囲気がむしろピリピリしてきてしまいます。
いじめや嫌がらせが起こって言及して雰囲気が悪くなって、いじめが悪化する…という悪循環も起きやすいです。
そこで、ときどきスイーツを差し入れして保育士同士でほっこりできる時間を作りましょう。

スイーツは話題のものや高級なものだと反感を買うので、かんたんにできる手作りスイーツがいいですね。
クッキー、カップケーキ、プリン、バウンドケーキなどがちょうどいいと思います。
手の込んだものでも「私、こんなにすごいスイーツが作れるんですよ」と自慢しているようになるのでよくありません。

女性同士は何にでも嫉妬しあったりするので、かんたんに作れてみんなでかるくつまめるものにしましょう。

保育園に来る困った保護者への対応は?利用者との人間関係

保育園に来る保護者への対応が苦手な保育士は多い

保育園には毎日のようにお子さんが登園してきます。
もちろん、一人で来るわけではないので保護者も登園してきますよね?

そのときに、同じ保育園に通っている保護者の悪口を言ったり、保育園への不満をぶつけてきたり、
お子さんの自慢話をしてきたりとお子さんの送り迎えだけでは済まない人もいます。
お子さんの体調のことを説明するのに長い時間を費やしてしまう保護者もいるので、困りますよね?

保育士は朝がとても忙しくてやることが山積み。
一組の親子に関わっていられないので、さっさと送り迎えを済ませてしまいたいですよね。
そこで、話を途中で切り上げられるようになりましょう。

保護者の話が長いときは「すみません。ほかの子が待っていますので」と断って、会釈して奥へ行きましょう。
変に言い訳するよりは、ふつうに「ほかの子が待っている」「今日は忙しいので」など事情を説明してください。
また、子供たちを預かるときに「預かり時間」のギリギリで子供を連れてくる親もいます。

しかも遅れているのに、玄関でほかの保護者とおしゃべりをしてから教室に子供を迎えに行く親もいます。
とくにお迎えのときは延長になる時間から、数分だけなら見逃してくれる保育園もあります。

タイムカードで1秒でも送れたら延長料金を支払わないといけないところも。
こういうシステムの保育園だと親は玄関で立ち話を一切せず、教室に急いで直行してくれます。
延長に掛け合って、タイムカード式にしてくれないか頼んでみましょう。

保護者の忘れ物は気にしないようにしよう

保護者の中には子供を預ける時間も迎えに来る時間もギリギリという人もいます。
しかし、だからと言ってほかの保護者よりも厳しい目で見るのはやめましょう。

例えば、保護者がお昼寝用シーツ、帽子、タオルなどを忘れてしまった場合は、特に問題ないですよね?
ふつうの保護者だったら許せるこういう失敗も、いつも問題を起こしている保護者が相手だと許せない
気持ちになってしまいますが、そこは大目にみましょう。

また、挨拶をしてもらえない、目を合わせてもらえない程度の態度はよく取る人がいるそうです。
ある保育士の体験談に「私にだけ挨拶をしてくれないし目も合わせてくれない保護者がいるけど、気にして
いません。うちのクラスのほかの保護者はみんな愛想がいいので」と書いていました。

クラスの保護者全員に好かれることは現実的に難しいし、ほとんどの人に好かれているなら問題ありません。
もし目を合わせてくれない保護者には、こちらも目を合わせずに会釈だけにしましょう。

問題のある保護者は基本的に無視でいい

保育士になって日が浅い人や真面目な人は、問題ある保護者にも誠実に接しようとします。
これでストレスがたまってしまうのですが、保育士を長く続けている人は無視をしているようです。

保育士になって10年以上のベテラン保育士は、問題のある保護者は無視をしているようです。
無視と言っても完全に無視ではなく、「目を合わせないで会釈をする」「話は全体像だけを聞く」
「必要事項だけを伝えてあとはしゃべらないようにする」などの対策をしましょう。

このようにあなたなりのマニュアルをつくることで、問題のある保護者への対応にストレスを感じなくなります。

また、なにもしてないのに嫌がらせをしてくるという保護者はかんぜんに「いじめっ子」タイプ。
別に何の恨みもないのにターゲットを決めて、そのターゲットに嫌がらせをするのです。
この場合は、あなたに落ち度は一切ないので気にしないようにしましょう。

また、保護者の中には話が通じない人もいます。
事前に1か月くらい前から告知してプリントも出していたのに、「行事があるなんて聞いてない」と言ってきたり、
時間通りに預けたり迎えに来てくれないと困ると言っているのに、時間を守らなかったりする人がいます。

ですので、こうした保護者には「おたよりは出してありますよ」とか「時間を守ってくださいね」と丁寧に
いいましょう。イライラしている相手やごまかそうとしている相手に対してあいまいなことをいうのは
よくありません。

はっきりと丁寧に対応することで、「この保育園にはこうした態度は通用しない」と理解してもらいましょう。

保護者への苦手意識を解消するために

お子さんを迎えに来る時の保護者への対応が苦手な場合は、普段から人と話をする機会を増やしましょう。
人と話をするときに、毎回会話で盛り上がる必要はありません。

普通にあいさつをして必要事項を話して、愛想よく相手の話を聞く…これだけ気を付ければいいのです。
お子さんの様子を使えるときは「今日した遊び」「あったトラブル」「食事の内容」などを話しましょう。
預かるときも送ることも保護者を安心させることが大切です。

普段から近所の人と軽い会話をしたり、買い物のときにショップ店員さんと軽く会話をしていろいろなタイプ
の人とかんたんな会話をしましょう。かんたんな会話をする機会を増やすことで緊張しないで短い会話を
することができます。

保育園の人間関係は保育士同士だけではなく保護者との関係もあります。
保育士として保護者との会話は大切な仕事なので、苦手を克服して頑張りましょう。

どうやったら人間関係が上手くいくの?保育園で働くコツ

保育園の人間関係が最悪な場合はあなたの心構えが必要

保育園の人間関係で悩んでいる保育士は、とても多いです。
以前は私もその中の一人で、毎日ものすごいストレスを感じながら仕事をしていました。

でも、そのあとに入ってきた新人の子はいじめられてもぜんぜん気にしていませんでした。
先輩保育士に嫌がらせをされても「はーい。すいませーん」と元気よくかわいくいって、受け流す。
どんなにいじめられても、受け流していました。

専門学校を卒業したばかりでとても若い子だったのにどうしてそんなにいじめを受け流せるんだろうと思って
聞いてみると「学生時代にいじめを受けたことがあって、受け流すのが一番いいって知ってるんです」と
話していました。

私の後が受け流しているうちにだんだんいじめが減っていって、最終的に先輩たちに勝っていました。
「柔よく剛を制す」という言葉がありますが、強いものからの嫌がらせもしなやかにかわしていれば勝てるので
あなたも嫌がらせや嫌味はかわす方向で考えましょう。

保育士は女性ばかりで大人の人数が少ない特殊な職場です。
ですので、ふつうの会社ではありえないような嫌がらせが日常的に行われているところでもあります。

保育士の体験談を調べてみると、「雑巾を顔にぶつけられた」「掃除のときにいつもひじをぶつけてくる」
「職員室に私が行くとわざと全員で一斉に黙る」「私に関係ないトラブルも私のせいになる」などの大人とは
思えない嫌がらせをいつも受けているという人ばかりです。

そういう人達は精神年齢が低いので仕返しをしたり直接文句を言ったりすると、倍になって返ってきます。
ですので、私の後輩のようにしなやかにかわして保育士としてのスキルを磨きましょう。

先輩たちのいやがらせを交わすコツは自信を持つこと

先輩たちの嫌がらせやいじめを交わすのは、かんたんにできることではありません。
ですので、かわすコツについて知っておきましょう。

先輩たちのいやがらせを交わすコツは、自分に自信をつけることです。
「先輩たちが言っていることが正しいのかもしれない」「私がまた足を引っ張ってる」と誤解してしまうと、
いやがらせやいじめに耐えられなくなってしまいます。

ですので、仕事の全体の流れをもう一度把握しなおすためにメモ帳に書き出して、1日の仕事で大変な部分に
赤でポイントを書き込んでおきましょう。そして、先輩たちに言われたことで参考になったことは素直に
受け入れて、メモしておくといいですよ。

また、仕事で自信を無くすことが多い保育士はプライベートを充実させると効果的。
休日も持ち帰り仕事で時間がないとは思いますが、時間があるときに映画をみたりカフェに行きましょう。
また、掃除をしたり部屋の整理整頓をすると気持ちが楽になるのでいいですよ。

自信をつけるために短期間でとれる資格を取ってみる

保育士として自信を無くしてしまった場合は、短期間でとれる資格をとりましょう。
資格を取るというとハードルが高いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」略して「MOS」なら最短3週間で取れます。
私も保育士として自信を無くしたときに取ったのですが、毎日30分くらいの勉強で3週間で取れました。
日本全国にあるパソコン教室で試験を受けられるから、どこに住んでいても受験しやすいです。

合格率も60%と資格としては高い数値なので、ぜひ取得してみてください。

マイクロソフト オフィス スペシャリストはパソコンのスキルをアップするための資格。
手書きが多い保育士とはあまり関係がありませんが、「いざとなったらOLに転職できる」という安心感を
与えてくれます。

実際に私は保育士として限界を感じてOLに転職しました。
保育士のころは無縁だったパソコンを毎日使っていますが、MOSのおかげで抵抗がありませんでしたよ。

嫌味を言われたら愛想よく謝って

もし先輩たちに嫌味を言われたら愛想よく謝っておきましょう。
「あー、すみません」と笑顔で謝れば、その場からはやく離れることができます。

嫌味を言う人は相手が落ち込んだり、自信を無くしたり、やる気をなくしたりしている姿をみて喜んでいるの
です。なので、笑顔で余裕のある感じの返事をされるといじめ甲斐がなくなってしまいます。

余裕をなくさないようにして、いつも堂々としていれば自然といじめはなくなっていくのです。
私も新人のころいじめられていました。最初は本気で自分が悪いと思っていたから落ち込んで泣いたりしていたの
ですが、ましたが、だんだんイライラしてきてふてくされた態度をとっていたら、先輩たちがいじめなくなりました。

きっと落ち込んだり泣いたりしている姿をみるのが、好きだったのでしょう。
ふてくされるのには興味がなかったから、いじめをしなくなったのだと思います。
いじめをする人は相手が動じる姿を見るのが好きなのです。

ですので、いじめや嫌がらせにも動じないで余裕でいればいじめは減っていきますよ。
でも自信をつけて余裕を持って仕事をしていても、いじめがある場合は転職を考えましょう。

辞めたい!保育園での人間関係が原因で転職するのはアリ?

人間関係が良くない保育園を転職するのはアリなのか

保育士になると、子供たちの世話や雑用以外にも大変なことが多くて困ることがあると思います。
私は新人のころに先輩たちからの嫌がらせに、とても驚いていました。

雑用を私に押し付けてくるのは当たり前、0歳~1歳児のクラスでおむつ替えは私の担当になりました。
またゴミ出しや吐いてしまった子供の顔を拭くのも私の仕事、泣き止まない子供をあやすのも私が担当でした。
おむつ替えや吐いた子の顔を拭くのは、あまり技術がいらないので新人任せなのはわかります。

でも泣き止まない子をあやすのは、保育士としてある程度経験を積んでいる人じゃないとできません。
新人の私が一生懸命あやしていても、ぜんぜん子供が泣き止まないとき「阿保の時間かけすぎだよー?」と何度も
注意されて、「私は経験が足りないんだから、先輩がやってよ」と心の中で思っていました。

ほかにも洗濯・片付け、掃除などの雑用から副担任だったのに、担任の仕事をやらされたこともあります。
保護者向けの連絡帳を書いているときに、担任の仕事の書類をもって「〇〇ちゃーん!これやってくれる?
ちょっと取りに来てー」と言われたときは、イライラがピークに達してしまって連絡帳を投げそうになりました。

ただ私の場合は保育園側とのトラブルはなかったので、仕事の内容そのものに関してのストレスは
ありませんでした。

でも、ほかの保育士の体験談を読んでいると「園長が気が弱くて上司が実験を握っているから上司が不満を
いうたびに保育園全体の方針がコロコロ変わっていく」と書かれていました。
これでは人間関係が悪化する原因にもなるし、仕事の内容そのものがつらくなりますよね?

こうした保育園は園を変えるか、園長が変わるかしない限り改善しません。
仕事のやり方がコロコロ変わることにストレスを感じない人はいないので、保育園を変えてしまいましょう。
保育士専用の転職サイトで新しい保育園を探すと、ていねいにサポートしてもらえますよ。

保育士専用の雑誌を読んでほかの保育士の体験談を参考にしよう

保育士専用の雑誌を読んで、ほかの保育士の体験談を参考にしましょう。
保育士は人間関係に悩む人が多いので、解決法なども紹介されています。

私は保育士を辞めた後に、本屋さんで「Pri Pri」という保育士専用雑誌を発見しました。
この雑誌には保育士さんのリアルな意見が紹介されているので、読んでみてください。

私のように嫌がらせ以外でも「保育士の人間関係がひどすぎて仕事どころではなくなっている」という人や
「いやがらせのつもりなのか先輩が仕事を教えてくれない」などの体験談がありました。
先輩が仕事を教えてくれないと、仕事ができるようになるはずがありません。

これで辞めていく新人が出ると新しい新人を探す手間がかかるから、最終的に保育園全体にマイナスになります。
それなのに、新人いじめをして日ごろのストレスを発散しているような先輩がいる保育園はさっさとやめて
しまいましょう。

仕事ができることでいじめをしてくる保育園はすぐに辞めるべき

保育士のいじめの中には新人で仕事ができないからいじめてくる場合と、仕事ができるからいじめてくる
場合があります。

後者の場合は完全な嫉妬ですね。先輩保育士が仕事ができないことが悪いのに、自分よりも仕事ができる後輩に
対して嫌味を言ったりとか嫌がらせをしたりしている人がいるのです。

こういう先輩がいる場合はほかの先輩や上司に相談をして、改善されないようなら「辞めたい」と上司に伝えま
しょう。そして、それでもいじめを辞めない場合は本当にやめてしまいましょう。
保育士を辞めたいと思ったら、いきなり辞めるのではなく相談をすることが大切です。

仕事ができる人ほど悩んでいるそぶりを周りの人に見せないので、悩みを理解してもらいにくいです。
しかも、相談したところで「〇〇さん、仕事できるから嫉妬されちゃってるんじゃないのー?」とふざけ半分で
言われて終わるという感じになります。

「仕事ができる=悩みがない」と思われているので、真剣に相談に乗ってくれる人が少ないのです。
こういう時はYahoo!知恵袋などの匿名で相談できるところで、相談しましょう。
そして、客観的なアイディアをとりいれると少しは状況がよくなるかもしれません。

ただ、無理は禁物なので本当に限界を感じたら転職しましょう。

小間使いに使われているなら転職を

保育園での人間関係に不満を持っている人で小間使いにされているという人もいます。
例えば、先輩たちのお茶出しや仕事道具の準備などです。

お茶の時間になる前に先輩たちにお茶をお菓子を用意して出さないといけなかったり、終わった後に後片付けを
しないといけない保育園もあります。掃除の時間は先輩たちの負担をへらすために、掃除道具の下準備をして
おいて、面倒で負担の大きい仕事は新人がやるのが当たり前になっているところもあるのだとか。

様々な保育士さんの体験談を読んでいると、「ほかの保育園では絶対にない」というルールが常習化しています。
こうした独自ルールがある環境で働いていると感覚が狂ってきてしまうので、転職したほうがいいでしょう。

人間関係が最悪だから辞めたいけど保育園は変えないほうがいい?

保育園の人間関係が最悪な場合は辞めたほうがいいのか

保育士になって最大の悩みどころは人間関係です。
圧倒的に女性が多い職場だし、大人の人数が少ないから人間関係は悪化しやすいです。

私が以前働いていた保育園の人間関係も最悪でした。
いじめやいやがらせは当たり前、保護者にまで変なあだ名をつけて扱いを変えている先輩もいました。
「子供を指導する立場なのに、ぜんぜん精神的に大人じゃないじゃん」と思うことが何度もありました。

そういう私自身も自分がいじめの標的じゃなくなったことで、いじめを観て見ぬふりをしたことがあります。
さすがにいじめに加担したり、先輩と後輩の陰口を言いまくったことはありませんが。
ですので、あなたが今現在保育園の人間関係が最悪で悩んでいる気持ちが、よくわかります。

保育園全体の人間関係が最悪だと、したくもないいやがらせに強制参加されられることや、いじめを黙認
しないといけない羽目になったりするのです。ある元保育士の女性はブログに、こう書いています。

「私が保育士を辞めた理由は、いじめに参加しないといけなかったから。
もともと気が弱くて頼まれたことを断れない性格なので、先輩たちに『新人にこの仕事頼んできてよ』と
言われるとそれが新人の仕事じゃないし、嫌がらせなのがわかっているけど、仕事を押し付けていた。

学生時代もいじめに強制参加させられたことがあって、いじめられっ子の靴を隠したことがある。
『私ってこのままいじめに参加させられて人生が終わるのかな』と思ってしまい、保育士を辞めた。

今は子供服の販売員をしている。保育士のころと同じ女性ための人数が少ない職場だけど、接客業だから
みんな愛想がいいし、いじめも嫌がらせもないから安心して働けている」

このように、転職したことで安心して働けるようになったそうです。
私も保育士をやめてOLになったので、いじめや嫌がらせにあわずに済むようになりました。
保育園の人間関係が最悪なら、思い切って転職してしまいましょう。

子供相手の仕事は保育士以外にもたくさんあるので、保育士の経験を生かせる仕事を探してください。

人間関係が最悪な理由はいつも笑顔でいないといけないから

保育士は子供を相手にする仕事なので、いつも笑顔でいないといけません。
アイドルやタレントのようにつねに笑顔でニコニコしている必要があるのです。

保育士は基本的に子供を相手にする職業ですが、子供相手にもニコニコしていないといけないし、
保育士同士が仲がいいと子供たちに思ってもらわないといけないから保育士同士でもニコニコしていない
といけないし、保護者に対してもニコニコしていないといけません。

いつも子供、保護者、上司、先輩・後輩に観られている立場だから、仕事中は気を抜けないことが多いのです。

ある保育士の体験談では「目つきが悪いし、態度が気に入らない」という理由だけで「あの保育士は先輩である
私に漢字が悪い」とまわりに言いふらされて、翌日から無視されるようになったそうです。
新人が入ってきてもいじめが終わらなかったので、女性は保育士をやめて今は結婚したのだとか。

保育園での人間関係が最悪な場合、安心して働くためには派閥を作るか孤立するかのどちらかしかありません。
しかも、派閥と言っても好きな先輩・後輩だけではなく、人数を増やすために苦手な人も入れないといけないのです。
そして、悪いことをしていない後輩の悪口を言ったり、して仲間意識を持たないと自分の身を守れません。

こんな風にして仕事をしているから、子供たちの世話がないがしろになったり、毎日の仕事が遅れたりします。
遅れた分を後輩に押し付けて、自分たちは先に帰ってしまう先輩を私は何人もみました。
ですので、人間関係が最悪な保育園はすぐにやめてしまいましょう。

人間関係を底辺からいい方向へ格上げするのはあなた一人の力では、無理です。
でも「保育園の人間関係をよくする派閥」を作れる可能性はとても低いので、他の保育園に移ったほうがいい
でしょう。

仕事のストレスを休日で発散できないことも保育士の悩み

普通の人は、仕事のストレスを休日に発散します。
話題のおしゃれなカフェへ行ったり、非日常を体験させてくれる映画を観たりして息抜きをするのです。

しかし、保育士の場合はそうはいきません。
休日も持ち帰り残業があるから、どこかへ出かけたりできないのです。
それでストレスが抜けきらない状態で月曜日を迎えて、また人間関係が最悪な職場で働くのです。

これでは、いやになって当然ですよね?
辞めたいと思った時に「でもほかの人は辞めないから、私も頑張らないと」と思うかもしれません。
しかし、我慢をしているとあなたの人生の一部が台無しになってしまいます。

私は最悪な人間関係の保育園ならやめていいと思います。
保育士専用の転職サイトがあるので、活用して新しい職場を探しましょう。

保育士専用の転職サイト

保育士専用の転職サイトには、さまざまな種類があります。
ここでは、無料で登録できる転職サイトを紹介していきましょう。

・「保育士バンク」 転職事情に詳しいサイトなので丁寧にサポートしてもらえます。
 無料登録できるから、登録しておいて損はないサイトです。

・「保育士ぷらす」 転職の相談以外にも今の職場の相談に乗ってくれます。
 転職が決まった保育園に見学もできるから、入社の前に雰囲気をつかむこともできますよ。

このようにサービスが充実している無料サイトが多いので、利用しましょう。

人間関係を改善する方法は?保育園内の空気をよくするには?

保育園での人間関係トラブルに悩む保育士は多い

保育園で人間関係トラブルを抱えている保育士は、とても多いです。
私も以前保育士をしていたときに、いじめを目撃したことがあります。

20代後半で未経験で入ってきた新人さんに洗濯やゴミ出しをさせていたり、ひどく注意をされていました。
しかし、新しい新人が入ってきても洗濯やゴミ出しは私の役割で、新人にはあまりひどく注意をすることが
ありませんでした。

「なんで私だけがこんな扱いを受けないといけないの?」とものすごく不満に感じたので、仕返しをすることに。
仕返しと言っても、いじめをしてくる先輩たちに怒鳴ったり、嫌味を言ったりするわけではありません。
匿名のTwitterのアカウントを作って先輩たちに変なあだ名をつけて、その日された嫌がらせを晒すというもの。

本名とはぜんぜん関係ない私とは結び付かないニックネームにするために、本屋さんで目に留まった本の作者に
オリジナルでニックネームを付けて、その名前を使っていました。
これをしただけで、保育園でのいじめのストレスが軽くなりましたよ。

ストレスはため込むとどんどん大きいものになってしまいます。
誰にも迷惑がかからないし、自分にも害がない方法でこっそり仕返しをしましょう。

あとは、「いじめられて雑用を押し付けられている」と思うとストレスがたまってしまいます。
ですので、「この人たちは雑用をしたがらないダメ保育士だから、ダメ保育士たちの代わりに優秀な保育士の私が
雑用をやってあげてる」と考えるだけで、心に余裕が持てます。

本当に仕事ができる人は、どんなに小さい仕事でもていねいにやるし、人が嫌がる仕事も率先してやります。
あなたは結果的に人が嫌がる仕事をすることになっているのではなく、自分からやっているのだという意識をもつ
ことで、プライドは保てますよ。

いじめや嫌がらせの解決方法はない?

私が実践していたような慰めではなく保育園でのいじめや嫌がらせを具体的に、解決する方法はないので
しょうか?

いろいろな保育士の体験談を読んでみたけれど、具体的にいじめを解決する方法はありませんでした。
みんな「辞めて新しい職場へ行くしかない」「タイミングをみて転職。それまでは我慢」という方法をとって
いました。

私も最終的に耐えられなくなってほかの保育園に転職。そこではまぁまぁな扱いをしてもらえましたが、
やっぱりほかの人がいじめにあっているのを観て何もしてあげられない自分が嫌になり、OLになりました。
今の会社ではいじめはないし、会社への不満を投稿できる掲示板などもあってサポートが充実しています。

多くの保育士さんがいじめや嫌がらせの解決方法はないと思っているので、自分で考えるしかありません。
でも、そこまでして保育士を続けたくないという場合は転職してしまいましょう。

理想の保育士に近づけるように努力することも大切

保育園での人間関係トラブルに悩んで、辞めてしまいたいと思ったときはタイミングが大切です。
「今すぐ辞めたい」と思うかもしれませんが、年度途中に辞めるのは周りが大変です。

そこで、今年度末まで我慢をしてください。
ただ我慢をするのはつらいので、無理をしない範囲で自分磨きをしながら我慢をしましょう。
例えば、理想の保育士に近づけるように少しづつ自分を変えてみるといいですね。

私が個人的に思う保育士の理想像は、頼まれた仕事を嫌な顔をしないでテキパキと丁寧にする人、反論し
ないで指示通りに働いてくれる人、子供たちと安全に上手に遊べる人、作り物が上手い人、話しかけやす
いふんわりした雰囲気の人などです。

嫌がらせで「これお願い」と頼まれたら、愛想よく「はい」と答えましょう。
そして、先輩たちの前で先輩たちよりも子供たちと上手に遊べば、いやでもあなたのスキルを認めないと
いけなくなります。

また、ふんわりした雰囲気になるのは難しいと思うかもしれませんが、とてもかんたんです。
人の印象は髪形で大きく変わります。かわいい系の髪形にすれば、子供たちからも人気になりますよ。
私がおすすめなのは、前髪がある緩いパーマがかかった髪形。

長さはロングだと迫力が出てしまうので、ミディアムがいいでしょう。
ミディアムは男女ともに好感度の高い髪の毛の長さなので、保護者からの受けもいいと思います。

5分以内に済む仕事はすぐにすることで効率がアップする

いじめやいやがらせを受けていると、仕事へのモチベーションが下がってしまいます。
仕事へのモチベーションをあげるためには、ルーティン・ワークのはかどり具合をあげましょう。

毎日繰り返す基本的な仕事は調子がいいとどんどん終わるし、調子が悪いとなかなか終わりません。
ですので、意識的に早く終わらせることで仕事へのモチベーションはあがります。
ルーティン・ワークをするときには「5分以内に終わる仕事から始める」ということです。

午前中と午後の仕事内容は違うので、午前中の仕事の中から5分で終わる仕事を朝一にしてしまい、
午後に入ってからも5分以内に終わる仕事を済ませておきましょう。
それをしておくだけで、仕事の効率はアップします。

また、長時間かかる仕事は目標を細分化して考えてください。
例えば行事の飾りつけを準備する場合は、全体の完成を細分化して、今週はここまで、今日はここまでと
目標を立てて、それをクリアしていくようにしましょう。

そうすることで、「まだこんなにある…」と落ち込んでしまう考え方から「ここまで終わった」という
考え方に切り替えることができます。モチベーションが下がらないで済みますよ。

人間関係トラブルを解消するためには?保育園の場合

保育士は人間関係トラブルが多い

保育士になると、その人間関係トラブルの多さにびっくりすると思います。
私も保育士になってすぐのころは「何でこんなにちょっとしたことでピリピリするんだろう」と思っていました。

私が保育士になって最初に人間関係トラブルにあったのは、保育園に入って1週間後。
私がお昼休みにしないといけない雑用に時間がかかっていたら、新人の仕事であるお茶くみにまで手が回らなくなった
ことがあります。

この雑用を片付けてからお茶くみをしようと思っていた時に、職員室の先輩たちが大きい声で
「わー!お茶入れてくれたのー?ありがとうございます!すみません!」と言っているのが聞こえてきました。
雑用を終えて慌てて職員室に行くと、私の2年上の先輩が先輩たちにお茶を入れていました。

「〇〇さん(私)!△△さん(2年上の先輩)が新人でもないのにお茶いれてくれたよー!」ととても嫌味っぽく、
かなり年配の保育士に言われたときは本当に腹が立ちました。
「すみません。私の仕事なのに」と謝ると、「いいんだよー」と言われてその一言に先輩たちが「やさしい!」と
わざとらしく言っていたのです。

これが1年目に何度も起こって、とてもストレスがたまりました。
でも、友達の保育士に話してみたら同じような嫌がらせを受けていたのです。
保育士は女性が圧倒的に多いし、大人がとても少ない特殊な職場です。

普通の会社ではありえないような嫌がらせや嫌味があるのは、当たり前なのです。
保育士は幅広い年齢層の人が働いているので、価値観の違いからストレスがお互いにたまってしまうということも
人間関係トラブルの原因といえます。

こうした人間関係トラブルはどうやったら、解消するのでしょうか?

保育園の人間関係トラブル解消法

保育園の人間関係トラブル解消法は、いくつかありますが、どれも劇的な効果があるとはいえません。
人間関係はその場その場で全く違います。「どの保育園にも効果がある解消法」はないのです。

でも、私が実践してみて少し効果があったのは「自分から嫌味や嫌がらせをしないこと」。
きれいごとのようになってしまいますが、一人でも嫌味を言わない人、嫌がらせをしない人がいると、それだけで
空気がよくなります。

また新人のよりどころになるので、新人が辞める可能性が少し低くなったような気がします。
私と新人2人のころは2人ともまとめていじめられていましたが、3人になったらなくなりました。
新人が多く入ってきてくれることを祈りつつ、耐えましょう。

また嫌味や嫌がらせが始まったら、子供の面白エピソードを話しましょう。
「〇〇さん(新人)、仕事が全然終わってないんだけど?」と先輩が嫌味を言い始めたら、空気を読まずに
「今日、うちのクラスの子が砂場で…」とその日の子供のかわいい行動を話してください。

子供はかわいい行動や会話、しぐさをいくらでもしてくれます。
空気が悪くなったら、そういう話に切り替えるときのネタは尽きることがありません。
こんなふうに自分から嫌味・いやがらせに参加しない、明るい会話の提供をすることで空気は少し変わります。

でも、余計風当たりが強くなる可能性もあるので、そのリスクも承知で行ってください。
もし風当たりが強くなって出勤するのがつらくなったら、長いものに巻かれてみましょう。
新人いじめなどはしない範囲で、波風を立てない行動を起こしてください。

保育園で起こる人間関係トラブルで多いものとみんなの解決法

保育園の人間関係はふつうの職場と違って、とても複雑です。
ここからは保育士の仕事上、人間関係でよく起こるトラブルについてお話していきます。

保育士をしていると人間関係は、保育士同士だけじゃなくて保護者との関係もありますよね?
ある女性の体験談には「保育士が決めないといけない園の行事に関することがクラスの中心グループの
お母さんたち3人に勝手に決められて、クラス中の保護者にLINEが回っていた」というもの。

さすがに運動会の日程や時間、出し物までは変わらないですが、ダンスの一部振付が勝手に変えられたり、
とちょっとしたトラブルになることが多いようです。そういう場合は、毎日お子さんを預かるときに次の
行事について、何か気になるところはないかいろいろなタイプの保護者に聞いておきましょう。

保護者同時の人間関係トラブルを相談されることもある

保育士をしていると、保護者同士の人間関係トラブルを相談されることもあります。
そういう場合は、どちら側にもつかずに平和に解決できる方法を探しましょう。

どちら側かにつくと、保護者同士の人間関係トラブルが深刻化してしまうことがあります。
ですので、行事についてもめている場合は間の意見をとったり、とりあえずでけんかをなだめるだけにしましょう。
ただ、「〇〇ちゃんがうちの子をぶったことを〇〇ちゃんママが謝らない」などの場合は、注意してください。

一般常識あるなしに関係なく、子供がしたことだからと謝らない親はいます。
しかし、多くの場合親は悪気はないので丁寧に指導をしてあげましょう。
最近お子さんを保育園に預け始めて、保育園のルールを理解できていない保護者かもしれないので。

私は以前保育士をしていたときに人間関係トラブルがあるたびに、「思いやりがあれば問題にならなかったのに」
と思うことがよくありました。周りに言うといい子ぶってると思われそうだったので言いませんでしたが。
人間関係トラブルになったときは、思いやりを忘れずに解決策を考えてみてください。

それでも、上手くいかない場合は転職してしまいましょう。