休みが少ないって本当?保育士の出勤事情まとめ

保育士は休みが少ないし体に痛みが出ることも

保育士になりたいと思っている若者の中には、「子供のころからの夢だけど、休みが少ないらしい」と
不安になっている人もいると思います。

私も保育士を目指しているときに、研修で先輩保育士に「保育士は休みが少ないから大変だよー」と言われた
ことがありました。しかし、「ほかの仕事でも休みが少ないものはあるし、結婚するまで続けるだけだから、
なんとかなる」と思っていたのです。

しかし、実際はそこまで甘くありません。
保育士になって半年でぎっくり腰になって、コルセットを巻いて仕事をつづけました。
ぎっくり腰になった翌日も出勤しなきゃいけなかったし、その週の土日は仕事があって休めませんでした。

保育士は腰痛や膝痛などになりやすい上に、休みが少ないから肉体的にも精神的にもつらい仕事です。
子供を抱っこしたり、重いものを持ったりするから腰痛や膝痛は仕方がないですが、休みが少ないのはどうして
なのか、理由が気になりますよね?

そこで、保育士の休みが少ない理由についてまとめてみました。

保育士の休みが少ない理由

保育士の休みが少ないのは、書類がすべて手書きだから。
一般企業では書類は基本的にパソコンで作成しますが、保育士は手書きで書類を作るのです。

保護者への連絡帳はもちろん、保育士が保育園へ提出する書類もすべて手書き。
これでは、どれだけ時間があっても終わらないですよね?
また、行事でつかう飾りも毎年手作りです。

去年使ったものに手を加えて少しづつ変えていくのですが、それでも飾りを作るのに時間がかかります。
運動会やお遊戯会、卒園式の前は残業も増えるし、土日も休みがない状態になるのです。
私は字があまりきれいじゃないし、手先も不器用なので、この手書きと飾りつくりに苦戦しました。

もともとモノづくりが好きな人なら良かったのですが、あまり好きじゃなかったのでとてもつらかったです。
このように、保育士には子供たちが帰った後にもやることがたくさんあります。
だからこそ、毎日のように残業があり、土日も仕事をしないといけないのです。

土曜日は隔週でしか休みがないけど、週休2日制な理由

保育士は子供たちの面倒を見る以外にも、さまざまな仕事があります。
その仕事をするためには、毎日残業をして土日も仕事をしないといけません。

私も保育士時代は土曜日は隔週で休みがとれる感じでした。
それでも、求人には「週休2日制」と書かれていました。
確かに土曜日も日曜日も「休日」ではありましたが、「持ち帰り仕事」という形で仕事をしていました。

つまり、隔週で土曜日は無償で働いていたわけです。
こうしたからくりで保育士を働かせている保育園は、ほとんどだと私は思います。
求人情報に「週休2日制」と書かれていても、実際は「週休1日」「忙しい時期は休みなし」と考えてください。

私も運動会、お遊戯会、卒園式前は土日丸2日間、飾り作成に費やしていて、自分の時間がほぼありませんでした。

とくにお遊戯会前は飾りだけではなく、発表の時に着る衣装も作らないといけませんでした。
「衣装くらい、毎年同じでいいんじゃない?」と内心思っていたのですが、保護者と子供たちにとっては
一生に一度の発表会だから、年が近い兄弟と同じ衣装では困るのです。

ほかにも、月に1回、教室や廊下につける飾りを作らないといけませんでした。
月1で作っているとデザインも思いつかなくなってくるから、デザインを考えるだけでかなりの時間を使って
しまいます。

でも私の知り合いが働いている保育園は、行事前に計画的にみんなで協力して残業をしていたから、
行事前でも土日の持ち帰り仕事はないそうです。
保育園全体がきちんとしている環境なら、行事前でも持ち帰り仕事はしないで済むようです。

ですので、就職を希望している保育園のことをきちんと調べてから決めましょう。

休みが少ない保育士は一般企業と比べても少ないのか

保育士の休みはとても少ないです。
でも、ほかにも休みが少ない仕事はほかにもありますよね?

休みが少ない保育士は平均で、年間で90日間くらいと言われています。
しかし、一般企業は年間で105日間くらいです。これが労働基準法で定められているギリギリの日数だから。
保育士は労働基準法に定められている基準よりも、休日の日数が少ないのです。

ただ、最近は「労働基準法を上回ってないのはいかがなものか」と議論を醸していて、休みの日数を増やして
いる保育園が多いです。年間で100日くらいは休めるところもあるので、探してみてください。
求人情報に年間の休日日数を記載してあるところだと、安心ですね。

また、認可保育園と認可外保育園は100日前後のところが多いのですが、企業内保育園の場合は120日が平均。
保育園を設置している企業が労働基準法を満たしていると、休みは平均になります。
保育士になりたいけど、休みが少ないのは嫌ですよね?

確実に休みが取れる保育園で働くには、企業内保育園を選ぶといいと思います。
また、企業内保育園だと有休をとりやすいというメリットもあります。
ただ今、保育士をしていて「休みがない」と悩んでいる人は、保育士専用サイトで新しい保育園を探しましょう。

労働環境が良い保育園はどこにある?

 有給がとれない
 園長と合わない。嫌い。
 主任と合わない。うざい。
 シフトが過酷。持ち帰り残業しないと仕事が終わらない。
 離職率が高く、園内の人間関係がギクシャクしがち。



イラスト

・・・とにかく過酷ですよね。
いろんな意味で。

私も私立の保育園で働いていたのですがひどいものでした。



最近思うのははじめからこういうところを知っておけばよかったなーと。


>>人間関係とか聞きにくいことも相談できる!



本当に普通の生活がしたかったのです。


プライベートもしっかりあって、充実して働けるところはないか?

といろいろと調べて見たところ出会ったのが

新規開園で小規模の保育園です。






今では上下関係もかなりゆるく、居心地がいい園でゆっくりと充実した日々を過ごしています。



この会社では転職後の保育士からヒアリングした園の情報が集まってきています。

そのため、職場の雰囲気や人間関係についてよく把握されていました。

コーディネーターさんも保育士経験者が多いので、本当に親身になって話を

聞いてくれて、心穏やかに転職を進めることができました。



イラスト
私がこの転職サイトで見つけたところは正社員でしたが
パートや派遣などの求人もあるようですよ。



転職支援会社でもやっぱり表にでてこない非公開求人を扱っているところは強いですね。

普段の忙しい毎日から開放されたい!

そんな方にぜひともおすすめしたい転職支援会社です。





>>人間関係の良い保育園の求人を紹介してくれるサイト



※電話だと繋がりにくいので、WEBから登録後、フリーダイヤルの電話番号(0120)
から電話がかかってくるので、そこでやり取りしたほうがスムーズです。



マイナビの人にコソッと聞いたら、人気の保育・幼稚園の求人はWEBで公開すると応募が殺到するので園側から「公開はしないでください」というところもあるそうです。


マイナビは求人数が膨大ですし、非公開の園もたくさんあるので昔の同僚にも人気でした。

ぜひ気軽に登録して、相談してみるといいですよ^^




休みが少ないって本当?保育士の出勤事情まとめ はコメントを受け付けていません。 休み

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35