膝痛改善のサポーターに保育士向きなものはあるの?

保育士は膝立ちすることが多い仕事

保育士は膝立ちすることが多い仕事です。
子供と同じ目線で会話をしたり、遊びをしたりするので膝立ちする時間が長くなってしまうのです。

私も保育士になってすぐに膝が黒ずんでガサガサになっているのに気が付いて、びっくりしたことがあります。
膝立ちになることが多いから仕方ないのかなと、とくに気にしていませんでしたが。
でも、ほかの保育士さんの体験談をみてみると「膝が痛くなって歩くのがつらい」と書かれていました。

ずっと膝立ちしているとだんだん膝が痛くなって、階段の上り下りがつらくなってしまうことがあるそうです。
ですので、ひざに痛みを感じたら無理をしないでください。
膝立ちは辞めて椅子に座って子供たちと遊んだり、直接床に座って子供たちの相手をしましょう。

また絵本を読む時間を増やして膝立ちをする機会を減らすのもいいと思います。
子供の着替えを手伝うときは膝をつく場所にクッションを敷いたり、あなたのカーディガンを敷いたりしましょう。

ただ、これだけでも膝の痛みが解消されないという場合はサポーターを使いましょう。

膝の痛みを軽くするには膝のサポーターを活用するといい

膝の痛みを軽くするためにはサポーターを活用するといいでしょう。
サポーターを付ければ、膝立ちしても膝に直接痛みが走ることがなくなります。

膝サポーターには厚手の布でできていて、レッグウォーマーのようなシンプルな形のものから、固い芯が
入っていて、本格的にサポートしてくれるものがあります。
老人の場合は階段の上り下りがつらくなっているので、芯が入っているサポーターのほうがいいでしょう。

でも、保育士は膝を曲げづらいとよくないので芯が入っていないものを選んでください。

通販サイトなどで膝のサポーターをみてみると、「膝の名医と共同開発」というのを売りにしている
商品が人気となっていますが、こういった商品はほとんどが左右に芯が入っています。
膝立ちで膝を曲げていることが多い保育士には、向かないのでこうした商品は購入しないでください。

理想としては、バレーボール選手がつけているような膝の前にクッションがついているもの。
ただこれだと、ズボンの上からクッションの形が出てしまって目立ちます。
ですので、レッグウォーマーのような筒状のサポーターがいいでしょう。

膝裏がメッシュになっていて通気性のいいものだと、仕事でたくさん体を動かしても蒸れません。
布製だからズボンの上からはわからないし、膝を曲げるのに邪魔にならないですよ。

スポーツ用のサポーターなら、デザインもおしゃれなので着替えるときに人に見られても恥ずかしい思いを
しないで済みます。「たかが膝が痛いだけなのにサポーターなんて大げさ…」と思うかもしれません。
しかし、サポーターをして仕事をしてみると負担がぜんぜん違うので試してみてください。

膝痛がサポーターで激変した後輩保育士の体験談

私の後輩の保育士が膝痛で苦しんでいたのですが、私がコルセットを巻いたら腰痛が楽になったという
話をしたら「じゃあ、私も」とサポーターを使い始めました。

後輩はサポーターを付けてきた初日から、「ぜんぜん膝が痛くないんです」と感激していました。
今まで膝立ちになることにかなり抵抗があったそうですが、サポーターをしてから気兼ねなく膝立ちできる
ようになって着替えの手伝いや遊びに積極的になったといいます。

サポーターは1本1,000円代なので、2セット買っても経済的な負担になりません。
布製だからほかの洗濯物と一緒に洗えるし、持ち運びも楽。上履きを履いまま脱げるので、仕事終わりに
プライベートが予定がある日も保育園のトイレで脱いでから行くときも楽です。

サポーターを使ったほうがいい理由

ほかの保育士の体験談をみてみると、膝に痛みを抱えている人は多いですが、サポーターを使っている人は
あまりいないみたいです。

ほかの保育士たちは仕事終わりにシップを貼ったり、クリームを塗ったりして対応しているようですが、
これでは膝が仕事中に痛くなっていることに変わりありません。
サポーターを付ければ仕事中の痛みが減るし、膝の黒ずみの改善・予防にもなります。

また、シップやクリームは消耗品なので定期的に買い足さないといけません。
しかしサポーターなら1回買えば、ずっと使えるから経済的です。仕事中はサポーターをする、1週間に
1回は湯船につかって下半身を温めるというケアをすれば膝痛は改善されると思います。

膝痛を治すにはマッサージが大切

膝痛を治すためにはマッサージをして、膝の血行を良くする必要があります。
膝の血行を良くすることで、痛みが取れやすくなるのです。

マッサージは両手に保湿クリームを塗って、優しく膝の筋肉を全体的にほぐすようにすればいいだけです。
両手で膝をつかんで、大きくクルクルと回すようにマッサージしましょう。
これだけで血行が良くなって、痛みがとれやすくなります。

しないでほしいのは膝の筋肉を成長させようと、スクワットをすること。
ただでさえ膝に負担がかかっているのに、さらに膝にスクワットで負担をかけると膝を壊してしまいます。
また、いざ痛がひどい場合は、保育士を辞めることも考えましょう。

労働環境が良い保育園はどこにある?

 有給がとれない
 園長と合わない。嫌い。
 主任と合わない。うざい。
 シフトが過酷。持ち帰り残業しないと仕事が終わらない。
 離職率が高く、園内の人間関係がギクシャクしがち。



イラスト

・・・とにかく過酷ですよね。
いろんな意味で。

私も私立の保育園で働いていたのですがひどいものでした。



最近思うのははじめからこういうところを知っておけばよかったなーと。


>>居心地がいい保育園・離職率が低い園の求人



本当に普通の生活がしたかったのです。


プライベートもしっかりあって、充実して働けるところはないか?

といろいろと調べて見たところ出会ったのが

新規開園で小規模の保育園です。






今では上下関係もかなりゆるく、居心地がいい園でゆっくりと充実した日々を過ごしています。



この会社では転職後の保育士からヒアリングした園の情報が集まってきています。

そのため、職場の雰囲気や人間関係についてよく把握されていました。

コーディネーターさんも保育士経験者が多いので、本当に親身になって話を

聞いてくれて、心穏やかに転職を進めることができました。



イラスト
私がこの転職サイトで見つけたところは正社員でしたが
パートや派遣などの求人もあるようですよ。



転職支援会社でもやっぱり表にでてこない非公開求人を扱っているところは強いですね。

普段の忙しい毎日から開放されたい!

そんな方にぜひともおすすめしたい転職支援会社です。





>>人間関係の良い保育園の求人を紹介してくれるサイト



※電話だと繋がりにくいので、WEBから登録後、フリーダイヤルの電話番号(0120)
から電話がかかってくるので、そこでやり取りしたほうがスムーズです。