腰痛予防に効果があるのはどんな方法?保育士の健康対策

腰痛予防に効果がある方法

保育士の仕事をしていると、だんだん腰が痛くなってきます。
事務員なども腰が痛くなりますが、子供を毎日抱っこしたりするので腰への負担は大きいです。

私も保育士をしていたことがあるのですが、軽いぎっくり腰になったことがあります。
2~3日コルセットをしながら仕事をしていたから治ったのですが、20代でぎっくり腰になったのはとても
ショックでした。

保育士の仕事自体はたのしかったし、子供たちもかわいかったのですが、先輩保育士たちのいじめもひどく
なっていたので、辞めてしまおうと思いました。さすがに1年目だったので「3年くらい我慢して辞める」と
いうことにしました。

それからは、ぎっくり腰が再発したらどうしようという不安はありましたが、「3年で辞める」と決めたから
「一生我慢するわけじゃないからいいか」と思えるようになりました。
ですので、腰痛が悪化してきたら保育士を辞めることも考えましょう。

そして、腰痛対策をうって毎日腰をケアしながら保育士を続けてください。
保育士のための腰痛対策でいちばん効果的なのは、サポーターです。
コルセットでもいいのですが、腰への負担を直接的に軽くするので、腰痛対策になります。

腰が疲れていたり、痛みがある場合はサポーターを使いましょう。
そして、腰の痛みを軽くするマッサージグッズなどを使って毎日腰をほぐしてください。
私がいつも愛用しているのは、100円均一で買った手のひらサイズのマッサージグッズです。

大きい突起がいくつかついていて、腰の下に敷いて床に寝るととても気持ちいいのです。
また今は事務員をしているのですが、保育士のときも座り仕事をするときに腰痛対策クッションを使って
いたら、腰の調子は違ったかなと思います。

書類は手書きという保育園が多いから、保育士は事務作業が意外と長時間かかりますよね?
そのときに腰痛対策クッションがあるだけで、仕事の負担はかなり減りますよ。

腰痛対策グッズはサイズが小さいものを

腰痛対策グッズの中にはサイズが大きいものもありますが、保育園で使うならサイズが小さいものがいい
でしょう。その理由はある女性の体験談に、こんなことが書かれていたからです。

「私は保育士になって3か月目に腰痛が悪化して、夜眠れなくなってしまいました。
病院でコルセットを買って毎日つけていたのですが、それでも治らないので通販で大きいサイズの腰痛クッション
を購入。腰をしっかりサポートしてくれる方が腰痛が速く治ると思ったからです。

すると、それをみた先輩たちが『私でも就職して3か月目でこんな大きい私物、保育園に持ってこなかった!』
とか『まだ保育士になって3か月なのにこんなに腰痛グッズが必要なんて、3年目くらいになったらどうなってるの?』
など、からかってきたり、嫌味を言ってきたりしたのです。

それでも、腰が痛いので我慢して使っていると『私は保育士を一生懸命やってるから腰がこれだけ痛くなりました
っていうアピールに見える』と同僚にまで言われてしまい、腰痛クッションを家に持ち帰らないといけないことに。
しかし、持ち帰ったら『もう腰は治ったってことだよね?』と重労働の仕事を次々任されて、また腰痛が悪化して
います」

このように、いじめや嫌がらせが多い保育士の世界ではサイズが大きい腰痛グッズを持っていくと「腰痛になるまで
頑張ってると見せびらかしてる」と思われる可能性もあります。ですので、手ごろなサイズの腰痛グッズを使い
ましょう。

私は周りには見えないコルセットと、手のひらサイズのマッサージグッズの組み合わせがちょうどいいと思います。

腰に負担をかけるのはひねる姿勢

保育士をしていて腰に負担がかかると実感するのは、前かがみになった姿勢です。
ですので、多くの保育士が前かがみにならないように気を付けます。

しかし、前かがみになるのと同じくらい腰に負担をかけてしまうのがひねる姿勢です。
上半身をひねる姿勢は負担、あまり使わない腰の筋肉を使うから激痛が走りやすいです。

保育士のぎっくり腰体験談にも、「給食のときに上半身をひねって、子供の食事の世話をしてたら、腰が動か
なくなった」と書かれていることが多いのです。ですので、体をひねる必要がない姿勢をとりましょう。
給食のときは多くの子供たちを体勢を変えないで世話できる位置に座ってください。

また保育園の運動会などの行事の時はついつい忙しくて余裕がなくなってしまうので、体をひねったり腰に負担が
かかる体勢になりがちです。しかし、あなたの腰が痛くなってしまうと保育士を続けられなくなって年度途中で
退職することになります。

そうなれば子供たちが困ってしまうので、自分の体を気遣いながら仕事をしましょう。

どうしても腰痛が治らない場合は転職を

もし腰痛が悪化する一方で「このままでは将来歩けなくなるかも…」と、思うようなら転職しましょう。
腰に負担がかからない仕事を探すのは難しいですが、保育士よりは負担をかけない仕事ならあります。

私も腰痛と人間関係が原因で事務員に転職しました。
座りっぱなしなので腰には悪いのですが、重いものを持たないから保育士のときほどは腰が痛くなりません。

労働環境が良い保育園はどこにある?

 有給がとれない
 園長と合わない。嫌い。
 主任と合わない。うざい。
 シフトが過酷。持ち帰り残業しないと仕事が終わらない。
 離職率が高く、園内の人間関係がギクシャクしがち。



イラスト

・・・とにかく過酷ですよね。
いろんな意味で。

私も私立の保育園で働いていたのですがひどいものでした。



最近思うのははじめからこういうところを知っておけばよかったなーと。


>>居心地がいい保育園・離職率が低い園の求人



本当に普通の生活がしたかったのです。


プライベートもしっかりあって、充実して働けるところはないか?

といろいろと調べて見たところ出会ったのが

新規開園で小規模の保育園です。






今では上下関係もかなりゆるく、居心地がいい園でゆっくりと充実した日々を過ごしています。



この会社では転職後の保育士からヒアリングした園の情報が集まってきています。

そのため、職場の雰囲気や人間関係についてよく把握されていました。

コーディネーターさんも保育士経験者が多いので、本当に親身になって話を

聞いてくれて、心穏やかに転職を進めることができました。



イラスト
私がこの転職サイトで見つけたところは正社員でしたが
パートや派遣などの求人もあるようですよ。



転職支援会社でもやっぱり表にでてこない非公開求人を扱っているところは強いですね。

普段の忙しい毎日から開放されたい!

そんな方にぜひともおすすめしたい転職支援会社です。





>>人間関係の良い保育園の求人を紹介してくれるサイト



※電話だと繋がりにくいので、WEBから登録後、フリーダイヤルの電話番号(0120)
から電話がかかってくるので、そこでやり取りしたほうがスムーズです。