保育士でヘルニア持ちの人はどれくらいいる?続けるのは危険?

ヘルニア持ちの保育士はどれくらいいるのか

保育士をしていると腰に痛みを感じることが多いと思います。
ヘルニアで退職する保育士もいるのですが、実際ところヘルニア持ちの保育士はどれくらいいるのでしょう。

調べてみると、「ヘルニアは保育士の職業病で、半分はヘルニア持ち」という記事を見つけました。
「半分の保育士はヘルニア持ち」というのは信ぴょう性が薄いのですが、「ヘルニアは保育士の職業病」という
のは本当だと思います。

私も以前保育士をしていたのですが、同じ園でヘルニアで保育士を辞めた先輩が2人いました。
その保育園で働いていたのは3年だったので、3年間で2人ヘルニアで退職しているのはかなりのペースだと思います。
ですので、保育士になったらヘルニアにならないように気を付けないといけません。

でも、「保育士になって2か月でヘルニアになった」「就職半年でヘルニア」というTwitterの書き込みをよく見ます。
気を付けていても、なってしまうことが多いのです。
また、もともとヘルニア持ちの人が保育士を目指しているという場合もあります。

こういう場合は就職しても大丈夫なのでしょうか?

ヘルニア持ちで保育士になるのは危険?諦めないでいい理由

ヘルニア持ちで保育士になるのは危険というイメージがあります。
しかし、実際には危険ではありません。

その理由は、仕事のほとんどは腰に負担がかかる仕事だから。
デスクワークもずっと座りっぱなしだから腰に負担がかかります。
ショップ店員や警備員などもたちっぱなしで仕事をするので、腰に負担となります。

保育士以外にも工場の作業員や清掃員なども重労働で腰に負担がかかってしまいますよね?
ヘルニア持ちが鳴るのが危険な仕事は、たくさんあるのです。
保育士にならないでほかの仕事についたから腰はもう大丈夫…ということはありません。

ですので、腰のケアを毎日しながら保育士をしたほうがいいと思います。
腰のケア方法にはさまざまなものがありますが、効果的なのは自宅でできるストレッチですね。

床にうつ伏せに寝て、両手をついて上半身を息を吐きながらそらして10秒キープし、息を吸いながらうつぶせに
戻るというのを10セット繰り返すだけでヘルニア改善になります。
また普段の保育士の仕事を姿勢よく行うだけで、腰への負担は圧倒的に解消できますよ。

姿勢が悪いだけで腰への負担が大きくなる

姿勢が悪いとそれだけで腰に負担がかかってしまい、腰痛やヘルニアになってしまいます。
ですので、保育士の仕事をしているときもプライベートな時間も腰に負担をかけないようにしましょう。

腰に負担をかけないようにするためには、猫背、中腰、胸をそりすぎるという姿勢を辞めてください。
この3つの姿勢は腰にかなりの負担になるので、よくありません。子供たちを相手にするときは立ったまま中腰
ではなくしゃがんで、重いものを持つときも一度しゃがんでから持ちましょう。

また、デスクワークのときに腰が丸まっていると負担になってヘルニアになりやすくなります。
ですので、椅子をしっかり引いて腰が丸かってしまうスペースを空けないことが大切です。
デスクとお腹の隙間がこぶし1つ分になるまで、椅子を引きましょう。

私は保育士をしているときも事務員に転職してからも、デスクワークをしているとすぐに疲れてしまう体質
でした。「座り仕事が苦手なんだから」と思っていたのですが、原因は姿勢でした。

事務員になってから先輩にこぶし1つ分の隙間を開けて椅子を引くというのを教わって、実践するようになって
から座り仕事をしていても疲れにくくなって、腰が痛くなることも激変しましたよ。
ヘルニア持ちの保育士は、子供たちがかえってデスクワークになってからは疲れていて、姿勢に気を付ける余裕が
ないと思います。

ただ最初に座るときに椅子をこぶし1つ分開けて引くだけで、腰への負担は激変するので試してみてください。

ヘルニア持ちが保育士になったり保育士を続けていると手術をすることに

ヘルニア持ちが保育士になったり、保育士を続けていると手術をすることになる可能性が高いです。
しかし、その可能性は自分で予防することができます。

先ほど紹介したストレッチや姿勢の正し方で、ヘルニアを予防する効果が期待できます。
またヘルニアの手術は進化しているので、体への負担がかからないようになっています。
以前はヘルニアの手術は腰にメスを入れていたのですが、今は内視鏡手術ができます。

手術の痕がとても小さいですし、手術の負担も費用も減っています。
また、今はレーザー治療や電気治療があるので手術になる前にこうした治療を行います。
ヘルニアで手術をすることは減っているので、多少悪化しても手術になるとは限りませんよ。

また、ヘルニアは治る病気なのでこれから保育士になる人は保育士になる前に治しておきましょう。
治すためには病院へ通って治療を受けるよりもストレッチやマッサージをしたほうが効果があると個人的に
思います。病院へ行っても主な治療法は自宅で自分で対策を打つことだからです。

私もギックリ腰をっ病院での治療ではなく、ストレッチと腰痛グッズで改善しました。

労働環境が良い保育園はどこにある?

 有給がとれない
 園長と合わない。嫌い。
 主任と合わない。うざい。
 シフトが過酷。持ち帰り残業しないと仕事が終わらない。
 離職率が高く、園内の人間関係がギクシャクしがち。



イラスト

・・・とにかく過酷ですよね。
いろんな意味で。

私も私立の保育園で働いていたのですがひどいものでした。



最近思うのははじめからこういうところを知っておけばよかったなーと。


>>人間関係とか聞きにくいことも相談できる!



本当に普通の生活がしたかったのです。


プライベートもしっかりあって、充実して働けるところはないか?

といろいろと調べて見たところ出会ったのが

新規開園で小規模の保育園です。






今では上下関係もかなりゆるく、居心地がいい園でゆっくりと充実した日々を過ごしています。



この会社では転職後の保育士からヒアリングした園の情報が集まってきています。

そのため、職場の雰囲気や人間関係についてよく把握されていました。

コーディネーターさんも保育士経験者が多いので、本当に親身になって話を

聞いてくれて、心穏やかに転職を進めることができました。



イラスト
私がこの転職サイトで見つけたところは正社員でしたが
パートや派遣などの求人もあるようですよ。



転職支援会社でもやっぱり表にでてこない非公開求人を扱っているところは強いですね。

普段の忙しい毎日から開放されたい!

そんな方にぜひともおすすめしたい転職支援会社です。





>>人間関係の良い保育園の求人を紹介してくれるサイト



※電話だと繋がりにくいので、WEBから登録後、フリーダイヤルの電話番号(0120)
から電話がかかってくるので、そこでやり取りしたほうがスムーズです。



マイナビの人にコソッと聞いたら、人気の保育・幼稚園の求人はWEBで公開すると応募が殺到するので園側から「公開はしないでください」というところもあるそうです。


マイナビは求人数が膨大ですし、非公開の園もたくさんあるので昔の同僚にも人気でした。

ぜひ気軽に登録して、相談してみるといいですよ^^




保育士でヘルニア持ちの人はどれくらいいる?続けるのは危険? はコメントを受け付けていません。 腰痛・膝痛

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ojisandayon/hoikushi-oshigoto.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35