どうしても辞めたい!保育士を5年目で辞めたい人は?

保育士5年目で辞めたいと思っている女性の体験談

保育士の友達が仕事を辞めたときに「保育士は離職率が高いよ」と、話していました。
子供たちと接するとてもいい仕事なのに、どうして離職率が高いのでしょうか?

少し気になったので、保育士の離職についていろいろ調べてみました。
すると、保育士は5年目以降に辞めたいと思う人が多いことがわかりました。

ある女性の体験談には、こうありました。

「保育士になって5年目ですが、別の仕事に就きたいと思っています。
その理由は残業の多さ、持ち帰り仕事の多さ、給与の安さが理由です。
毎日のように夜9時まで会議や残業があって、休日も持ち帰り仕事が多くて大変。

プライベートな時間を削ってまで働いても、給与は安いという最悪な生活になってもう5年目です。
4年目くらいから給与が上がるから、生活が楽になると思っていたけど現実はぜんぜん違いました。
昇給があっても、気持ちくらいしか上がっていなかったのです。

先日、高校の同窓会があって友達の給与を聞いて、自分と全然違うことに衝撃を受けました。
しかも、持ち帰り仕事もないと聞いて一気に辞めたいと思ってしまいました」

このようにほかの仕事をしている同年代の人の給与を聞いて、「辞めたい」と強く思ってしまう人もいます。

ほかの仕事と保育士の給与にはどれくらいの差があるのか

5年目の保育士とほかの職業で5年目の人には、どれくらいの差があるのでしょうか?
他の職業が何かによっても、ぜんぜん変わってきますが、ある女性のTwitterにはこうありました。

「私(保育士)と友達(大手企業の事務員)、同級生で同じ年に就職した同じ女。
給料の話になったら、友達が私の倍もらってることが発覚して泣きたくなった」

事務員は残業はありますが、持ち帰り仕事はないし男性も多い職場なので女性同士のいざこざも
保育士ほどはありません。それなのに給与が倍違うのはショックですよね?
5年目の保育士は仕事の内容や人間関係よりも、給与の安さで辞めたいと思う人が多いそうです。

ほかの保育士の体験談には「今年保育士10年目なのに、新人保育士と給与が1万円しか違わない。
こういう事実を知ると、本当に辞めたいと思ってしまう」と書かれていました。
保育士は国家資格を取得した人しかなれない仕事なのに、これだけ安い給与ではやっていけないですよね?

特に男性保育士は、結婚すること自体を諦めてしまう人もいます。
そうなると人生を左右することになるので、辞めたいと本気で思ったら辞めてしまいましょう。

5年目の保育士の仕事を楽しくするために

5年目の保育士は日ごろの疲れやストレスが限界に来てしまう時期でもありますし、給与に対して
本格的な不満を持つ時期でもあります。

でも、仕事そのものを楽しめるようになれば、給与が少なくても不満を持たずに働き続けることができます。
例えば、子供に対しての接し方を変えてみましょう。

子供に対してただ明るく楽しく接しているだけだと、中身のある保育ができません。
そこで、「ほめ上手」と「しかり上手」になりましょう。

大人もそうですが、子供もただ単に褒められただけでは納得できません。
「~してくれるの?ありがとう!」や「髪形がかわいいね」とか「絵が上手」など、根拠を付けてほめて
ください。ただ単に「いい子だね」とか「すごいね」というだけよりも、子供は喜びます。

また、しかるときはそのときすぐに「これはしちゃだめ」と伝えましょう。
「怒る」という感覚ではなく「教える」という感覚で伝えると、子供たちは混乱しません。
「こんなことしないで!」と言わず、「これはしちゃだめだよ!」と教えてあげましょう。

また、しかるときは「〇〇は△△だからダメ」と短い文章でわかりやすく伝えてください。
子供は長い話を聞くのが苦手です。また、突き放すような言い方をすると子供がなつかなくなるので
優しくわかりやすく教えてあげましょう。

ほめ上手としかり上手になれば、保育士としてスキルがあがります。仕事が楽しくなりますよ。

子供たちが言うことを聞かないときは

毎日子供たち全員が保育士の言うことを聞いてくれるということは、まずがありません。
必ず保育士の言うことを聞かない子も出てくるので、そういうときの対処法を用意しておきましょう。

子供がかんたんにいうことを聞いてくれるのは、歌を歌うことです。
集合をかけたいときになかなか来ない子がいるときは、歌をみんなで歌いましょう。
楽しい雰囲気を出せば、気になってその子もきてくれるはずです。

ほかにはケンカをした子がいて、クラスの空気が悪くなってしまったら歌の時間にしましょう。
子供たちの好きな歌を歌って楽しくすることで、いつもの雰囲気に戻ります。

ほかには折り紙やあやとりのできる種類を増やして、子供たちに教えてあげましょう。
そうすることで、子供たちからの人気も高くなって保育士の仕事が楽しくなります。
ただ、こうした工夫をしても仕事が楽しくならない場合や給与以外に不満がある場合は、
転職をしましょう。

保育士専用の転職サイトがあるので、新しい保育園の求人を探すといい転職先が見つかりやすいですよ。

労働環境が良い保育園はどこにある?

 有給がとれない
 園長と合わない。嫌い。
 主任と合わない。うざい。
 シフトが過酷。持ち帰り残業しないと仕事が終わらない。
 離職率が高く、園内の人間関係がギクシャクしがち。



イラスト

・・・とにかく過酷ですよね。
いろんな意味で。

私も私立の保育園で働いていたのですがひどいものでした。



最近思うのははじめからこういうところを知っておけばよかったなーと。


>>人間関係とか聞きにくいことも相談できる!



本当に普通の生活がしたかったのです。


プライベートもしっかりあって、充実して働けるところはないか?

といろいろと調べて見たところ出会ったのが

新規開園で小規模の保育園です。






今では上下関係もかなりゆるく、居心地がいい園でゆっくりと充実した日々を過ごしています。



この会社では転職後の保育士からヒアリングした園の情報が集まってきています。

そのため、職場の雰囲気や人間関係についてよく把握されていました。

コーディネーターさんも保育士経験者が多いので、本当に親身になって話を

聞いてくれて、心穏やかに転職を進めることができました。



イラスト
私がこの転職サイトで見つけたところは正社員でしたが
パートや派遣などの求人もあるようですよ。



転職支援会社でもやっぱり表にでてこない非公開求人を扱っているところは強いですね。

普段の忙しい毎日から開放されたい!

そんな方にぜひともおすすめしたい転職支援会社です。





>>人間関係の良い保育園の求人を紹介してくれるサイト



※電話だと繋がりにくいので、WEBから登録後、フリーダイヤルの電話番号(0120)
から電話がかかってくるので、そこでやり取りしたほうがスムーズです。



マイナビの人にコソッと聞いたら、人気の保育・幼稚園の求人はWEBで公開すると応募が殺到するので園側から「公開はしないでください」というところもあるそうです。


マイナビは求人数が膨大ですし、非公開の園もたくさんあるので昔の同僚にも人気でした。

ぜひ気軽に登録して、相談してみるといいですよ^^




コメントは受け付けていません。 辞めたい